飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

著者 :
  • 風媒社
4.18
  • (11)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833131551

作品紹介・あらすじ

ミャンマーの子どもを救え!途上国医療に人生をかけた青年小児外科医と若きスタッフたち。その苦悩と奇蹟の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者の吉岡秀人さんは、軍事政権下のミャンマーの僻地で無報酬で医療活動を続ける医師です。しかも18才以下の患者さんからはお金を取りません。なぜそんなことができるのか?どうして日本ではなくミャンマーなのか?その答えを本書で明らかにしています。
    ブラック・ジャックのように‘個’の人かと思いきや、以外にも人材育成に長けた人。賛同するボランティアやスタッフが働きやすいように常に考えているし、日本の女性看護師たちの繊細で優しい看護を称賛して『海を越える看護団』を立ち上げたりしています。「飛べない」私たちへ「一歩前へ」と突き動かす説得力がある本です。

  • 吉岡秀人さん。ミャンマーでジャパンハートという医療財団を設立し、全財産を投じて、過疎地の医療現場で貧しい人達の治療にあたる。ここまで自己犠牲をしいて、立ち向かう人をみたことがない。同じ日本人として誇りを感じる。貧しい国の人々に対して可哀想、なんとかしてあげたいと思う。思うだけの人は山程いる。実際に現地に出向きボランティア活動をする人が一握りいる、自分のすべてを掛けて、少しでも多くの救助に立ち向かうのはほんの数人。ようは簡単なこと、やるかやらないかですよ。わかってはいる、理解はできる。ただ全てを捨てて全力で立ち向かう。それができない。所詮気持ちはその程度のものだ、それができる吉岡さんには感銘を受けた。

  • 12月新着
    東京大学医学図書館の所蔵情報
    https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_search/?amode=2&kywd=4311487229

  • 惜しみなく命を燃やして、他者の命を救う吉岡先生はもはや神の域。先日、番組でも紹介されていたので視聴したが、私物はベッドの脇に置いてあった水の入ったペットボトルのみだったのがとても印象的だった。しかも、激務を癒す睡眠をとるためのそのベッドも病院で患者が寝ているのと同じもの。ブッダのように、悟りを開いたような彼の生き方に感銘を受けた。

    崖っぷちでなければ見えない景色はとても美しい、それを見るか見ないか。吉岡先生には金も物もボランティアをする理由もいらないのかもしれない。凡人には理解できないほど熱い心を持てるのは、今までに吉岡先生と関わったミャンマーの人々の命が繋がり繋がって、目には見えない莫大なエネルギーを彼に与えているからだと思う。そして信じられないほどの努力をしているから。本当に尊敬すべき日本人である。

  • 2016/7/17

  • めちゃくちゃ熱い。早稲田に講演に来られたときに、ほんまに偶然に、観に行った。本を出しているそうなので、読んでみたら、めちゃくちゃ熱い。
    吉岡さん、最初から医師になりたかったわけではないのに、なんでこんなに身体張れるんだ。これ本人にいうたら怒られそうやけど、ここまでいくと次元がちがいすぎて、「がんばろう」と思うよりも先に、一歩引いてしまうなぁ。
    タイトルの「飛べない鳥」っていうのが、ミャンマーの子どもたちではなくて、一歩踏み出したくてもそれができない若者のことなんですね。ぞっとした。

  • 飛べない鳥とは…⁇
    筆者である吉岡さんの体験がこの本には詰まっている!

  • yamoryでお世話になった関口さんが関わった本。
    「「お金があってもなくても出来る活動」というベースを作り、必要なときに必要な物をすこしずつ増やしていく」というのはなるほど。大組織からの大口の資金援助は「麻薬」というのも納得。

    「人生は三世代の成果」というのを読んで、しばしじいちゃんばあちゃんに思いを馳せた

    運転手が「私はこれからも先生と色々な国へ行って、人を治す手伝いがしたい」といってくれたというところに一番感動した

    「近い将来、経済的に破綻することは自覚して」活動を始めたというのが、さすがにそんなんでいいんだろうか、医師免許あるからなんとかなるか知らんが、と思いながら読み進めると、「失敗したら、多分私は医者をやめていた」。。。えーーー。常人じゃできないのは確か。

  • ミャンマーで活躍する、国境を越えた医師の話。先進国が持つ最先端の医療設備や高度な医療技術が無くとも、人の人生は救うことができる。そこには、国境、人種、宗教など関係ない。
    大抵の人は、自分の生活を営むことで精一杯なのに、なぜそこまで献身的に医療に従事できるのか。それは、”人を救いたい”という不動の情熱があるからだと思います。
    医師吉岡秀人氏が語る、貧民国の医療現場や生活が鮮明に焼き付く1冊でした。

  • すごく考えさせられる一冊です。


    一生懸命に打ち込むことでも救えない子供の命。

    命ってなんなんだろう。
    その最前線で戦う医師。


    読み終えたあとに自分の物事の打ち込み方などを改めて考えさせられた素敵な一冊です(^^)

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1965年、大阪府生まれ。1995年からミャンマー、2008年からはカンボジアでも活動。2004年、国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」を設立。海外では、医療活動のほか、視覚障害者自立支援活動、エイズや貧困のため人身売買の危険にさらされている子どもたちの保護と養育施設「Dream Train(ドリームトレイン)」の運営、災害孤児の養育支援、学校での保健事業、医師・看護師育成事業などを行う。国内では、医療者が不足している離島や僻地に看護師を派遣する事業、がんの子どもや家族を支援する「スマイル・スマイルプロジェクト」などを行っている。2011年に発生した東日本大震災では緊急支援活動を行い、500名あまりの医療者やボランティアを派遣。同12月、宮城県石巻市に「NPO法人ジャパンハート こども・内科クリニック」を開業。現在でも、石巻・女川などの地域医療復興支援とともに、気仙沼市を中心に子どもの心のケアを継続している。『情熱大陸』(MBS毎日放送)などのテレビ出演のほか、講演会やイベント出演も多く、幅広く活動している.

「2012年 『命を燃やせ いま、世界はあなたの勇気を待っている』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉岡秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
シーナ・アイエン...
デールカーネギ...
ジェームス W....
遠藤 周作
大野 更紗
チップ・ハース
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦を本棚に登録しているひと

ツイートする
×