科学による反革命―理性の濫用 (思想史ライブラリー)

著者 :
制作 : 佐藤 茂行 
  • 木鐸社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :4
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833202374

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サン=シモンを嚆矢とする社会学は、社会という人々の集団を、自然科学のモデルように固有の全体的法則性を持つものと考え、それを計画的に操作することを可能であるとした。それは史的発展論の土台を提供し、科学ではなく過度の理性信仰である科学主義をもたらし、社会を脅かした、とハイエクは指摘する。

    サン=シモン主義者、特にコントは社会学の楚として有名であるが、そもそも社会学、あるいは社会科学というのはどのような限界性を持ち、どこまで言及できるものなのか。社会に対して社会学の成果をどのように工学的に反映することができるのか。ハイエクは根源的な問いを投げかける。

    その反面、ハイエクの限界性も明らかになる。全てが人間に規定されて動いている以上、全く自由な人間同士の行動から現れる法則性を観察することは不可能である。人間同士の関係性の中で全く自由な人間などいないからだ。

    社会を学問的にどう捉えるか、ということを考える上で一つの視角を提供してくれる一冊。

全1件中 1 - 1件を表示

科学による反革命―理性の濫用 (思想史ライブラリー)のその他の作品

F.A.ハイエクの作品

科学による反革命―理性の濫用 (思想史ライブラリー)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする