完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶ

著者 :
  • プレジデント社
3.23
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 58
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833418157

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンパクトにまとめられており、分かりやすかった。 生きていく上での知恵、同じ意味を違う言い方で何世代を伝えられてきたのですね。昔の日本人はこれらの古典で学び、現代人はビジネス書で学んでいるのかもしれません。 前に出ず人に譲ること、忍ぶこと、行き過ぎないこと、泰然と構えること。。。 今の自分が心しなければならない言葉が沢山見つかりました。

  • 500ページ近くある分厚い本ですが読む価値大です!読み継がれてきた歴史書のエッセンスがまとまっている感じですので、その中でも興味のある書物のものを一冊買って読まれるとベターかと思います!

  • 100422(s 100601)

  • この人の本は中途半端なんだよね。
    現代の理論を古代に当てはめる愚かさ、春秋戦国時代の知識のなさと読むのが辛い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1932年、宮城県生まれ。東京都立大学中国文学科修士課程修了。現在、中国文学の第一人者として著述、講演等で活躍中。研究のための学問ではなく、現代社会の中で中国古典の知恵がどう生かされているのかを語り、難解になりがちな中国古典を平易な語り口でわかりやすく説く。SBI大学院で経営者・リーダー向けに中国古典の講義を続けるなど、広く支持されている。

「2018年 『世界最高の人生戦略書 孫子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶのその他の作品

守屋洋の作品

完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶを本棚に登録しているひと

ツイートする