成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

制作 : Ray Albert Kroc  Robert Anderson  野崎 稚恵 
  • プレジデント社
3.55
  • (126)
  • (214)
  • (327)
  • (46)
  • (12)
本棚登録 : 2263
レビュー : 252
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833418454

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マクドナルド創業者レイクロック氏の自伝。

    氏の事業欲が表れている本。個人的には、あまり参考にはならなかった。

  • うーん。自伝的なやつは読まなくていいところが多すぎて微妙ということがわかりました。

  • マクドナルドは不動産だと捉えてたのはハリー・ソナボーンだったのですね。

  • 読み終えるまで気づかなかったんやけど、70年代後半ぐらいまでの話なんね。最近の話やと思っとったから違和感ありまくりで、なんや自慢話聞かされてる気満載やったのが正直な感想。

    でも、あのマクドがマクドたる所以は垣間見た。正々堂々とここまで成功したんはすごいなぁ。

  • 人の伝記は面白さがわからない。成毛氏が勧めていた、ファインマンの本もそうだか、僕には合わない。こういった伝記を読んだ成功者の言葉は読みたいと思う。その点で、最後に柳井氏の言葉と孫氏の話については、興味深く読めた。

  • マクドナルド創業者の自伝。52歳からマクドナルドを興したすごい方なのだが、いかんせんアメリカ的な言い回しが気になったり、登場人物の名前が覚えられないという個人的な理由で、こんな評価点。
    日本マクドナルド創業者の藤田田さんの本も今度読んでみようと思う。

  • マクドナルドの創業者レイクロックの自伝。創業時の苦労などは記載されているものの主観的な描写ばかりで、状況の説明が詳しくないので結局のところどうやって乗り越えたのかがよくわからない。また読み直したいというレベルではなかった。

  • 未熟でいるうちは成長できる。成熟した途端、腐敗が始まる。

    1度に1つのことしか悩まず、問題を引きずらない。
    眠りにつく前に自己催眠。
    黒板を黒板消しで端から消していく。
    身体をリラックス。首の後ろ、背、肩、腕、足、指先。

    教科書に書かれているようなありふれた意見はつまらない。
    状況に応じて直感的に判断されるものだから。

    強みを鍛え、品質、サービス、清潔さ、そして付加価値に力を入れれば競合は消えていく。

    ビジネスは立ち止まったら終わる。
    一人ひとり、常に成長を心掛けよ。

    「やり遂げろ」信念と継続

    孫、柳井対談がおもしろい。
    他人の意見に対する理解力。寛容性や他人への共感。(柳井)

  • 米マクドナルドの企業と発展について、本人の主観的な記述が多いため、時代背景や考え方がよくわからず理解できないところが多い。苦労話や成功話というより、あの時あの人は素晴らしかった、というような話の連続で、読み進めるうちに興味を失う。マクドナルド兄弟とはあまりうまくいってなかったようだけど、その理由もいまいちわからず、マクドナルド兄弟がただの意地悪ような印象。■最後のユニクロ柳井氏の文章にある、レイ・クロック氏の他の著作からの引用を見ると、そちらの方が面白そうな気が。読まないとは思うけど。

  • 本文よりもあとがきの方が読みやすかった。

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)のその他の作品

ロバート・アンダーソンの作品

ツイートする