トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか

  • プレジデント社
3.55
  • (58)
  • (147)
  • (153)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 1346
レビュー : 182
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833419369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジム・コリンズの本かと思って手に取ってしまいました。この装丁は限りなく詐欺に近いと思います。

    内容はというと、「フラット化する世界」ほど難しく書いてないけど、ビジネス界でいま起きている現象を一通りおさらいするにはいい本です。こうした本は陳腐化しやすいので、早めに読みましょう。

  • 鈴木敏文さんが絶賛されていたので、ちょいと読んでみた。
    上質を取るか手軽さを取るか…。
    愛されるか必要とされるか…。
    当たり前のことなんだけど、なかなかできないんだよね。
    紹介されている企業の中で、テスラを絶賛していたが、今は苦境に立たされている。
    なかなか難しいもんです。

  • ビジネス用語としてよく耳にする”トレードオフ”なのですが、この本では副題の”上質をとるか、手軽をとるか”というメインテーマでアメリカの発祥のグローバル企業であるアマゾン、スターバックスコーヒー、アップル等の企業が取った戦略を分析してます。

  • 心を鬼にして上質さとどちらかひとつに賭けようとする者は、煮え切らないものよりも大きな成果を手にする。

  • あああ

  • 様々な会社の例を取り、上質と手軽さを比較。真ん中をとるとヒットしない、確かに。個人的思い込みがある感じもするが、様々な比較対象がうまい。

  • 高給路線で行くか、手軽な安価路線で行くか。上質を取るか、手軽で行くか。
    中途半端は成功しない。
    ビジネス業界の豊富な事例でわかりやすく説明してくれる。
    上質を極めた企業は手軽を、手軽を極めた企業は上質を求めてしまい、中途半端になって失敗してしまうところが面白い。ティファニーやCOACHなど。
    iPhoneがどのような路線をとっていくか気になるところ。

  • 上質と手軽の2軸のグラフ上のポジショニング
     上質=経験+オーラ+個性
     手軽=入手しやすさ、使いやすさ、安さ
    ・テクノロジーの進歩(開発期間中に上質さと手軽の基準が上がる)
    ・評価は時間とともに変わる。より上質な競争相手、より手軽な競争相手が発生する。
    ・同じ商品でもどちらを重視するかは顧客層ごとに変わる。(上質と手軽はセグメントごとに考えなくてはならない)(基準は消費者が判断する)
    ・新しいテクノロジーは不毛地点に産まれる。商品開発で明確な方向性を持つ必要がある。
    ・この概念は個人にも適用できる。スペシャリストになるか、身近で頼られる人になるか。
    ・「ドリルを買う人はドリルそのものを求めているのではなく、穴を開ける必要に迫られているのだ。」
    効用を満たせれば、まったく違う商品でもいい
    ・品質に優位さがなく、差別化できる手段は価格だけ、という商品でも、消費者心理などにひらめきを得て、上質という称号を得ることも出来る。

  • スタバがそのへんにない頃、スタバは特別な場所(上質)だった。値段が高くても、あのマークを持って都会を歩くのがステイタスだった。けれど、今やスーパーにも入っている。オーラがないのに、高い。(上質でもないし、コンビニ珈琲の価格と比べて手軽でもない)ということで、売り上げが落ちているのは当然、という話。

    手軽さと上質さ。
    どちらかでトップをとれば、うまくいく。
    手軽さ(上質さ)でライバルがいるときは、上質さ(手軽さ)を少しプラスする。

    両方を追い求めると、一時のティファニーや、スタバのように(その他失敗して「不毛地帯」に入ってしまった多くのもの)のようになる。

    この考えは、個人にも、国家にもあてはまる。
    訳者は、日本は例えば車一つとっても、「手軽さ」ではなく、欧州ブランドに負けない「上質さ」をとらないと、世界では売れない、と。

    強みを生かして、ねえ…。

  • なるほどねぇ…と頷くこと多し。とはいうものの、本書の言うような上質と手軽さを追求するだけでビジネスが成り立つのならば判断は楽なのだと思うが、そう簡単に行かないのが現実。上手い落としどころを、いかにして見つけることができるか、そこが一番知りたいと思った。ただ、こういった判断基準を次善に持っているのと持っていないのとでは対応は違ってくると思うので、そういう意味では非常に参考になった。

トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるかのその他の作品

トレードオフ Kindle版 トレードオフ ケビン・メイニー

ケビン・メイニーの作品

ツイートする