トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか

  • プレジデント社
3.55
  • (58)
  • (147)
  • (154)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 1346
レビュー : 183
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833419369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上質か手軽かのどちらかを極める事が最も効果的なブランディング手法だと言う事を、欧米の良書らしく多数の事例紹介とともに繰り返し発信していておもしろい。iPhoneもこれからの戦略次第ではあっという間に「不毛地帯」に陥ると予測していて興味深い。ただ、巻末解説(内田和成氏)の数ページが最も簡潔でまとまっている。

    ・リーダーはなにをすべきかだけではなく、何をすべきでないかにも細心の注意を払う
    ・上質の頂点か、手軽の頂点か、どちらかひとつの軸で一番になれば市場に君臨できる
    ・人とのつながりを代表する社会的な価値は何よりも大きな意味を持つ
    ・上質=経験+オーラ+個性(愛されるか)
    ・手軽=入手しやすさ+安さ(必要とされるか)
    ・新しいテクノロジーは既存の成功商品の10倍の上質ないし手軽さを実現しない限り世の中の注目をひくことはできない
    ・手軽さはオーラや個性を打ち消す役割を果す
    ⇒アウトレットでの値引きを繰り返すCOACH
    ⇒ラグジュアリー業界のマクドナルドはありえない
    ・目的のはっきりした撮影と、身の回りのふとした瞬間をカメラに収める行為は根本的に異なる市場を形成している
    ・モバイルで大切なのは上質さではなくつながりを生む力
    ・オーラ依存ビジネスは儚い結果に終わる可能性が高い
    ⇒クロックス
    ・「上質と手軽」の選択5箇条
    ?テクノロジーの進歩を見落とさない
    ?目新しいかどうか、時流に乗っているかどうかよりも、上質と手軽のさじ加減が大事
    ?上質と手軽のどちらをどれだけ重視するかは顧客層ごとに異なる
    ?商品やサービスを小さく生むと、小回りが利くためテクノロジーの進歩や競合他社の動きに対応しやすい
    ?新しいテクノロジーは必ずと言っていいほど不毛地帯で産声をあげる
    ・オープンソースモデルのオンライン教科書に可能性を感じる(共感)
    ・「グーグルが世界最高の教授陣100人を引きぬいてサイバー大学を開校し、広告を収入源にして学費をタダにすれば高等教育の世界をいとも簡単に揺るがせるだろう」
    ・本は物理的な媒体というよりも書き手の精神世界への扉だ
    ・キンドルのメインユーザーは40〜50代

  • 「上質」or「手軽」は、個人の生き方(稼ぎ方)にとっても、1つの指針となりうると思う。2つを両立させようとすると破綻する。

  • ものが売れる(ヒットする)為には、上質であることを勝負するのか、手軽にできることを勝負するのか。両立は夢の世界。テーマはこれに尽きる。
    この件に関して、具体例を挙げ論述、結果論に見えなくもない、が、事実が語る、と考えればそうかも。

  • 上質と手軽

  • 元USA Todayのテクノロジー担当記者だったケビン・メイニー氏の著書です。

    記者として数々の企業トップなどへのインタビューや取材を通して培った経験を基に話題となったビジネスモデルや商品を分析した見解を紹介する内容となっています。

    この本の視点は、「上質か、手軽か」の一点に集約されています。
    中途半端はダメで、「上質か、手軽か」のどちらか一点を目指し、他は捨てることこそ戦略であると論じています。

    「上質とは愛されることであり、手軽とは必要とされることである。」という記述は、ビジネスの成功モデルの本質をうまく掴んでいる言葉だと思います。

    上質か、手軽かという視点はありそうでなかった視点であり、改めて周囲の商品を見ると色々と考えさせられることが多いです。
    この視点に新鮮さを感じましたし、読んでいてとても面白かったです。

    この本では具体的な戦略をどうするかまでは落とし込まれていないという指摘もありますが、自分で考える楽しみと考えれば良いと考えます。

    読みやすく、わかりやすい良書です。

    最後に本の装丁についてですが、「ビジョナリー・カンパニー」のジム・コリンズ氏の著書かと思うような出来栄えです。せめて帯だけにすれば良いのに・・・著者が気の毒に感じました。(笑)

  • 突き詰められた理論は案外、単純で、当たり前のように響く。上質か、手軽か。その二元論で過去の多くの事例が説明できる。ただし問題はそれをどうやって今後に活かすのかということ。常に自分の仕事を念頭に置いて読むべきなのだろう。

  • ジャーナリスト だったゆえに
    非常にわかりやすく 切り口も鮮明だ。
    ただ ちょっと まとまりすぎていて 浅さも感じられる。

    上質をめざすのか?手軽さをめざすのか?
    それは 技術の進歩によって 常に変化していく。

    上質は オーラがあり 個性があり 愛される。
    手軽は 入手しやすく、安いもので 必要とされる。

    どちらを 選ぶのか?
    それを多くは間違えることによって、
    成功を失うことになる。

    1 テクノロジーの進歩を見落としてはいけない。
    2 商品やサービスの成否は、目新しいか、時流に乗っているかどうかよりも、
      上質と手軽のさじ加減で決まる。
    3 上質と手軽さのどちらをどれだけ重視するかは、顧客層ごとに異なる。
    4 商品やサービスを小さく生むと、小回りが利くため、テクノロジーの進歩や競合他社の動きに対応しやすい。
    5 新しいテクノロジーは必ずと言ってよいほど 不毛地帯で産声を上げる。

    この本は 鈴木敏文の本の中で知った。
    プレミアム そして ゴールド という商品群は
    まさに 手軽さの代表である コンビニから 始まったのである。

  • 商品やサ-ビスがヒットするかのどうかの判断材料として、手軽さもしくは上質さのどちらかを追及しているかどうかの観点で見れば分かりやすいと主張している本です。

    逆に手軽さと上質さのどちらも追求しようとした商品や会社は凋落の憂き目にアウトの意味を込めて本書のタイトルは「トレ-ドオフ(片方を手に入れるともうひとつは捨てざるえない)」としたのだと思いました。

    企業戦略に関する本を読んでよく記載されているのは、戦略とは何を選び何を選ばないか選択することとの考えがよく出ます。本書で語られている「手軽さ」・「上質さ」どちらかの追及も、その考えに沿った内容に思いました。

    2011年の本ですので、事例としてあげられる例が若干古い点は仕方ありませんが読んで面白い本だと思います。

  • 【トレード・オフ】
    ●卓越した人々は、慎重に考え抜いた上で難しい選択をする勇気を持ち合わせているうえ、「何もかもできる」などという錯覚に陥ることなく、自分が抜きん出る可能性のある分野だけに力を注ぐ。
    ●「心を鬼にして上質さと手軽さのどちらかひとつに賭けようとする者は、煮え切らない者よりも大きな成果を手にする」
    ●ハリネズミの概念を持つとは、①情熱(自分の信条に沿っていて心から打ち込める分野)、②資質(資質に恵まれていて抜きん出た成果をあげられる分野)、③価値ある貢献(経済や社会に貢献しながら生活の糧を得られる分野)、以上三つの円が重なる分野で進むべき道を切り開くことを意味する

  • 概要まとめ

    個人がハリネズミの概念を持つ事
    ・情熱(やりたい事)、資質(できる事)、貢献(価値のある事)
    の3つの円が重なる分野で進むべきである。

    オズボーンのオズフェストをチェックする

    ◆上質=経験+オーラ+個性
    →この足し算によって上質度は決まる
    オリジナル作品は目に見えない価値を醸し出している
    →オーラに包まれる経験とは格別なものである

    ◆手軽=入手しやすさ+安さ
    目的地にたどり着くまでの経験を上質なものにする為に
    手軽さに対してお金を払うという場合、本当のところは
    上質さを買っている場合が多い

    愛されるか、または必要とされるかで決まる
    →手軽であるとは「必要とされる」事であり、
    上質であるとは「愛される」事である。

    IBMによるセカンドライフの利用感想
    →電話会議よりもSL内の方が議論に集中でき、高い成果につながる

    ◆上質or手軽さに「社交性」を加えると
    天秤の振れ幅を大きく左右する要因になりえる。

    エレクトロニック・アーツを創業したトリップ・ホーキンス

    コンテンツの再生や配信ではなく、人と人をつなぐ事こそに価値がある

    利用者同士をつなぐ機能があれば上質に打ち勝つ事ができる

    利用者には「コンテンツにお金を払っている」という意識は無く、
    自分の価値を高める為に投資しているという意識がある

    RAZRのなれの果て

    前人未踏の領域を目指し続ける

    どんな事業であってもライバルをしのぐ手軽さを実現すれば
    勝者になれるのです。

    上質さにはかなわなくても大差がない場合は充分に満足してもらえるが、価格ではそうはいかなく、消耗戦になりやすい。

    価格200ドルの掃除ロボットを作るべきだ(アイロボット社)

    ◆◆◆上質と手軽の選択を見誤らない為の五ヶ条◆◆◆

    1.テクノロジーの進歩を見落としてはいけない
    →11年もかかってしまったエアバスA380

    2.商品やサービスの成否は、目新しいかどうか時流に乗っているかどうかというよりも
    上質と手軽のさじ加減できまる

    3.上質と手軽をどれだけ重視するかは顧客層ごとに異なる

    4.商品やサービスを小さく生むと小回りがきくため、
    テクノロジーの進歩や競合他社の動きに対応しやすい

    5.新しいテクノロジーは必ずと言っていいほど不毛地帯からうまれる。

    ゴリンキンはレディクリニックに名を改め、1診療を15分以内に収めて成功した。

    地味なギタリストのままでくすぶるか?

    世の中で活躍した著しい人は上質または手軽さのどちらかをきわめている物である。

トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるかのその他の作品

トレードオフ Kindle版 トレードオフ ケビン・メイニー

ケビン・メイニーの作品

ツイートする