トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか

  • プレジデント社
3.55
  • (58)
  • (147)
  • (153)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 1346
レビュー : 182
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833419369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サブタイトルにあるように「上質」をとるか、「手軽」をとるかの指南書
    そのどちらでもない状況を「不毛地帯」と呼び
    そのどちらも手にしようとすれば「幻影」となる
    本書でしつこいくらいに説いているのがそのトレードオフ(二者択一)であり
    上質かどうか、手軽かどうかの基準は、テクノロジーの進歩によって絶えず引き上げられていく

    興味深いのは電子書籍も電気自動車も新しい産業の始まりは手軽とも上質とも呼べない不毛地帯からのスタートであったこと

    本から離れ現在の吉野家・すき家・松屋による牛丼値下げ戦争は手軽の戦いと言えます
    どこか一社でも上質への経営転換をしない限り牛丼業界は不毛地帯から脱出しないのではないか?

    検索エンジンで見ると
    Yahoo!はホームページから知りたい情報を網羅しています
    Googleは検索窓ひとつだけの極めてシンプルな構造でしかない
    そのどちらにも住み分けがキチンと出来ていて新しいイノベーションを見つけない限り他社の付け入る隙がないのである

  • 上質か手軽か。上質とは愛されることであり、手軽さとは必要とされることである、との言は蓋し至言と言える。ポーターの集中/差別化/低価格化の競争戦略が言及されることが多いが、直感的に異業種間競争を考える際にはこちらのフレームの方が実用的と感じる。

  • 上質さと手軽さ。
    目指すべか方向のヒントが沢山盛り込んであります。

  • 自社サービスに照らしながら考えると面白い。なぜこんな機能がないのか、上質さあるいは手軽さがないのか、これらがトレードオフにあり、両立を目指しても互いに打ち消しあう。対処としてはブランドを分けることが想定される。

  • 手軽か上質=「必要とされる」か「愛される」か
    非常に面白い。
    訳者がブルー・オーシャン戦略の訳者ということもあり何か通じるものを感じる。

  • 世のサービスは、上質か、手軽かの2つに区分され、どちらに振れるかでビジネスの成功と失敗のカギを握っている。事例とともにそれぞれが語られており、納得度が高い内容。

    ・消費者は絶えず上質か、手軽のどちらか一方を選びとっている。

    ・テクノロジーの進歩はこのどちらも押し上げていく。

    ・上質さも手軽さも秀逸ではないサービスは不毛地帯に追いやられる。

    ・上質さと手軽さ両面で卓越するのは不可能だ。

    ・上質の頂点→iPhone、
    手軽の頂点→ウォルマート。

    ・上質さと手軽さをめぐるほかの条件が同じ場合、社会的価値を加味することでサービスへの期待があがる
    (iTunesは自分一人で聞くから高いと思うが、着メロは人に聞かれるのでたかいとは思わない)

  • 上質と手軽さ。シンプルな判断基準は参考になる。自分自身に対しても。

  • ビジネスでは上質をとるか、手軽さをとるか、はっきりさせないと成功できない。上質か手軽さかどちらともいえない曖昧なものは不毛地帯から抜け出せなくなり、その両方を求めてしまうと中途半端におちいり、計画は頓挫してしまう。本書はそんな上質と手軽さのトレードオフのコンセプトを、著者の豊富なリサーチと分析をもとに上手く説明している。

  • 卓越した人びとは、慎重に考え抜いた上で難しい選択をする勇気を持ち合わせた上、” 何もかも出来る ” などという錯覚に陥ることなく、自分が抜きん出ている可能性のある分野に力を注ぐ、上質を取るか、手軽さを取るか、非常に学びの多い1冊です。

  • 自社の製品、サービスを上質と手軽に分けることで、ポジショニング戦略を明らかにした著書です。

トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるかのその他の作品

トレードオフ Kindle版 トレードオフ ケビン・メイニー

ケビン・メイニーの作品

ツイートする