諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

著者 :
  • プレジデント社
3.92
  • (118)
  • (164)
  • (102)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1348
レビュー : 156
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833420488

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「スポーツはまず才能を持って生まれないとステージにすら乗れない。」自分の目的を明らめよ

    ●感想
     読んで涼しく前を向ける本。暑苦しくなく、夢を諦めてスイッチすることをポジティブに語ってくれる。他の自己啓発本と違うのが、勝者※がその世界の厳しさをきちんと語っていること。スポーツには歴然と才能の壁があるし、努力すれば夢は叶うように世界はできてない。自分が本質的にやりたいこと、求めていることをよく考えることが大事。そのためには、ずっとやっていたことを辞めたっていい。こういう冷静な距離感で、人生やキャリアを考えさせてくれる本がもっとあってもいいと思うなぁ。

    ※著者は勝者と敗者の側面を併せ持つ。世界陸上のメダリストだ。その点では勝者といえる。しかし、花形の100m走での勝利はあきらめていた。100m走では勝てなかった。自分の勝てるフィールドにスイッチした結果、勝てた。

    ●本書を読みながら気になったこと・記述
    ・「人生は可能性を減らしていく過程でもある。年齢を重ねるごとに、なれるものやできることが絞りこまれていく。可能性がなくなっていくと聞くと抵抗感を示す人もいるけれど、何かに秀でるには能力の絞り込みは必須で、どんな可能性もあるという状態は、何にも特化できない状態でもあるのだ」
    ...分かってはいるけれど、人はスーパーマンにはなれない。どの人にもできないことはあるし、苦手なこともあるよね

    ・「多くの人は、手段を諦めることが諦めだと思っている。だが、目的さえ諦めなければ、手段は変えてもいいのではないだろうか。」
    ..確かに!!現実のあらゆる手段は、自分の心の中にある、目的を達成するため、ということがほとんどだよね。「甲子園で優勝する」とか「医者になる」とかはあくまで目標。本質的に自分がどういうことをしたいのかは、ずっと変わらない。抽象的に自分のやりたいことをきちんと考えるのが大事。具体的な目標にとらわれていると、ハッピーになれないよね

    ・「伊調さんは吉田さんにほとんど勝てなかった。伊調さんが世界の頂点に立ったのは、吉田さんとは違う階級に移ってからのことだ。」
    ...吉田さおり強すぎてわろた。この文の後に出てくる、小笠原選手も、吉田さんに勝てないから階級を変えたらしい。だから霊長類最強というわけか

    ・「だって、僕がこの分野に行けば有利なんだよね」
     自分が努力せずに勝てるフィールドを見つけること。それが戦略だという。

    ・「その一方で、いたずらにスポーツを長くやりすぎたため、人生を狂わせてしまったアスリートが数多くいることはあまり知られていない。」「スポーツはまず才能をもって生まれないとステージにすら乗れない」
     この本が面白いのは、世界級の選手がスポーツの厳しさをきちんと語ること。テレビやニュースではなかなか取り上げられないが、現実的で重要な側面にきちんと触れることがすごく大事だと思う

  • 正直、本書を読む前は「諦める」という言葉にネガティブな印象を持っていた。

    だが、本書を読んで「諦める力」は、自分の勝てるフィールド(仕事や分野など)を見つける手助けをしてくれることを知れて非常に良かった。

    年齢を重ねると、自分に出来ることが少ないことを理解出来てくるが、やはり後ろめたい気持ちがあった。

    今はプログラミングを勉強しているが、その分野で勝ち残ることができるのか、勉強しながら自分を俯瞰的に見て判断していきたい。

    今のところ、プログラミングは楽しいので継続して行くつもり。

  • なかなかおもしろかったです。著者の合理的な視点は共感できました。ただ、結局言ってる中身の総量はそんなに多くはないのかなあと感じました。(2017年11月19日読了)

  • 「諦める」とは本来「明らめる」というのは初耳だった。
    「諦める」と聞くと負のイメージが大きいが確かに根本を考えると明らかにするという意味もしっくりくる。
    時間は有限だからこそ一番効率の良い、成果の出るものに徹底したほうが良いのかもしれない。

  • 目的を捉えなおすことによって「諦める」ではなく「可能性の高い手段を選ぶ」になる。

  • 「諦める」という言葉にはネガティブなイメージがつきまとうが、その語源は「明らめる」である。心理や道理を明らかにしてよく見極める、という意味で使われていた言葉である。
    オリンピック銅メダリストの為末大さんが語る「諦めたくないから諦めてきた」数々の経験。一見ドライなようにも思えるが、何かをやめる、終わらせることに対して後ろ向きにならずに済む考え方だなと、あらゆる箇所で共感することができた。

  • 400mハードルでオリンピックに3度出場したトップアスリート、為末大さん。自己分析の上、陸上競技の華形である100m走から、ハードルに転向した著者。本書では題名にもある「諦める」という行為について、深く掘り下げています。

    「手段は諦めていいけど、目的は諦めてはいけない」
    「やめたことが正解かどうかということは、その瞬間はまったくわからないものだ」「自分のなかで『納得感』を持って終わるしかないと思う」

    誰かや周囲に依存するのではなく、自分の頭で自分の人生を選択していく。合わなければ「前向きに諦める」(≒選び直す、修正する)。その繰り返しが納得のいく人生へつながるのだということを気づかせてくれた一冊です。

  • 著者はとても潔い人だと思った。
    諦めるとは真実を明らかにするという意味で決して罪悪感に苛まれる必要はないことが学べた。
    自分が頑張っても報われない世界、居場所だとしたら潔く別のフィールドに移ってもいい。その選択を肯定的に捉える必要がある。新たな行動を起こそうとすると世間の風潮や常識にどうしても囚われて身動きが取れなくなる時がある。そんな時は自分の価値基準をしっかり持つことが大事だ。行動する時は身軽さモビリティが大事でミニマリスト的な考え方も共感でき、自分にとっての幸せとは何か改めて考えさせられる本だった。

  • 1.踏ん張ったら勝てる領域を見つける
    サンクコスト 気がすんだ 別の分野が向いている 納得感 
    2.トップレベルの常識に触れる 客観的な目と練習プランのアウトソース なにを勝ちとする ヒエラルキーは誰が作ったの 
    3.努力にはどれだけ、なにを、どうがんばるかという方向性がある 
    4.負けない工夫より、負けにふてぶてしくなる工夫 
    5.一番になる範囲 あなたは僕がつづけた場合、どのくらいいくと思う? 
    6.ノブレスオブリージュ  頑張らなくてもできることは?  
    7.トレードオフの感覚 全能感と期待への演技 多面性を引き立たせるもの 
    8.人間に優劣はないが能力に優劣はある 
    9.自分らしさは結果からくる。
    10. ルサンチマン 嫉妬
    11.高倉健は心境と観客の反応のギャップを理解することがなにか。 世の中の評価は移ろいやすい 限るあるものを納得いくように。 
    12.他人由来の幸福は世界に振り回される未来の幸福は掴めば消える。 
    13.手放す幸福 何者かになれている自分を見失う。 
    14.子供に自発性に報酬いらない。 楽しいことがすでに報酬である。努力するうえでの遊び 
    15.なんでも知ってる偉い人はいない 平等原理主義は可哀想というもの 
    16.不安の種は棄てる 仕方がある

  • 元400mハードル選手の為末さんの本。

    自分がいたスポーツの世界を通して「諦める」ことを書いてあります。
    この本では、ネガティブなイメージの「諦めること」を違う世界や人生があることを気づけるチャンスと捉えています。
    このくらい時間をかけたのだからという「サンクスコスト」、成功者のうまくいった面ばかり信じる事はどうなのか。などスポーツだけでなく、仕事や恋愛にも活かせるのではないでしょうか。
    「何か一つだ諦めないことをしっかり決める。」「日々淡々と自分のできることをやっていく人生もある。」
    フラットな生き方の難しさを感じた本でした。

全156件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

為末大

1978年広島県生まれ。法政大学卒業。スプリント種目の世界大会で、日本人として初めてメダルを獲得。シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2020年3月現在)。2012年、25年間の現役生活から引退。現在は、Sports×Technologyに関するプロジェクトを行う株式会社Deportare Partnersの代表を務める一方、「どうすれば人は、自由に、しなやかに生きていけるのか」を、等身大の言葉で発信している。子どもらしさを忘れずに息子と向き合うお父さんでもある。著書に『諦める力』(プレジデント社)、『走りながら考える』(KADOKAWA)、『生き抜くチカラ』(日本図書センター)などがある。

「2020年 『「遊ぶ」が勝ち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

為末大の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
三浦 しをん
佐々木 圭一
稲盛和夫
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉を本棚に登録しているひと

ツイートする
×