一流コーチのコトバ―「リーダーに大事なことはブレないこと」

著者 :
  • プレジデント社
2.86
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833420778

作品紹介・あらすじ

47人の勝者に学ぶ経営者、マネジャー、店長が読んで役立ち、元気がでるコトバ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者が取材を通して直接聞いた話をまとめた本
    野球の星野さんのように鬼籍に入られた方や、2014年に出された本なので、ラクビー選手のように2015年のワールドカップの結果を知っているので、ちょっと古い様に感じる。

  • HUMICでの請求記号「780/Ma 87」

  • コーチだけで無く、選手の声も入ってる。指導者だけにして欲しかったです。

  • 言葉によって人は作られていくのかもしれない。それなら勇気を与えられる言葉を口にしたい。そして元気になる言葉を聞きたい。喜びを共有できる言葉を目にしたい。一流の言葉を知ることで自分を鼓舞させたい人にピッタリの作品です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

松瀬学(まつせ・まなぶ) 1960年、長崎県生まれ。福岡・修猷館高校、早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク勤務。02年に同社退社後、ノンフィクション作家に。人物モノ、五輪モノを得意とする。RWCは1987年の第一回大会からすべての大会を取材。日本文藝家協会会員。元RWC組織委員会広報戦略長、現・日本体育大学准教授。著書は『汚れた金メダル−−中国ドーピング疑惑を追う』(文藝春秋)、『なぜ東京五輪招致は成功したのか』(扶桑社)、『東京農場−−坂本多旦いのちの都づくり』(論創社)など多数。

「2019年 『ノーサイドに乾杯!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松瀬学の作品

ツイートする
×