為末大の未来対談―僕たちの可能性ととりあえずの限界の話をしよう

著者 :
  • プレジデント社
3.75
  • (2)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833421591

作品紹介・あらすじ

科学技術が進歩するほど人間がそれをどこまで受け入れられるかが問われる。人間にできないことが増えてくればくるほど人間らしさについて深く考えていく必要がある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 404

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

『侍ハードラー』の異名をもつ元プロ陸上選手。そして、日本では未だに破られていない男子400mハードルの記録保持者(2001年エドモントン世界選手権 47秒89)。2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリート・ソサエティ」を設立。現在、代表理事を務める。現役中は、2007年に東京の丸の内で「東京ストリート陸上」を自らプロデュース。2011年、2012年は地元広島で「ひろしまストリート陸上」も開催するなど、陸上競技の普及活動に積極的に取り組む。2012年6月、日本陸上競技選手権大会兼ロンドン五輪代表選手選考競技会にて現役活動に終止符。この後の展開が大いに期待されている。1978年広島県生まれ。著書:『日本人の足を速くする』新潮社 『走りながら考える』ダイヤモンド社『諦める力』プレジデント社 『負けを生かす技術』朝日新聞出版

「2016年 『限界の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

為末大の未来対談―僕たちの可能性ととりあえずの限界の話をしようのその他の作品

為末大の作品

為末大の未来対談―僕たちの可能性ととりあえずの限界の話をしようを本棚に登録しているひと

ツイートする