運命の回転ドア (ハーレクイン・ロマンス)

  • ハーレクイン
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784833512916

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 三浦浩子作コミカライズが良かったので原作も。でその忠実さに驚いた。原作ヒーローのほうが2割増しで荒々しかったかな(玄関チェーン破壊したし)。しかしこじれたからこそチャーリーの闘病がうまくいったので良しとする。

  • R1291  C 
    銀行経営者のアシスタントと重役

  • 銀行に勤めるマーティーンは、自分をとりたててくれた頭取のチャールズを心から尊敬している。チャールズのアシスタントとして誠心誠意働くことで、今の生活が成り立っているのだ。だが、チャールズは最愛の妻を車の事故で失ってからというもの、すっかり落ち込み、生きる意欲さえなくしているようで心配だ。チャールズを励まそうとディナーをともにする夜、マーティーンはレストランの回転ドアで初対面の男とトラブルを起こした。態度がひどく失礼なのだが、身震いするほどセクシーな男だった。そして、ディナーの席でチャールズから、自分の後継者として紹介されたのが、まさにその男、ブルーノだ。だめよ、こんな人、とても信頼できる人ではないわ。<br>

    ヒーローが最低。嫌いなのか好きなのか、あまりにも態度が悪すぎる。確かに「嫌い嫌いも好きのうち」だけど、関係を持ったあとまでそうである必要はなかった。それじゃヒロインがヒーローの気持ちに気がつかないのも当たり前。そのうえ会うたびに嫌みを言うんじゃ神経は休まらないだろう。独占欲で済まされる問題じゃない。下手したらDV。もっとも具合の悪いヒロインを看病するような優しいところもあるんだけど。<br>
    しかしヒーローの力任せぶりには恐れ入る。家のドアにしろ、病室に踏み込んでくることにしろ、いきなりヒロインの上司を殴るところにしろ、いやはや、いやはや。

全3件中 1 - 3件を表示

シャーロット・ラムの作品

運命の回転ドア (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする