3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ)

著者 :
制作 : バスネツォフ  おがさわら とよき 
  • 福音館書店
3.69
  • (75)
  • (49)
  • (126)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 789
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (17ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中古購入
    ロシアの絵本
    読み聞かせは3才
    小学校初級向き

    ついに値下げしたので買った!
    今も原色やカラフルな絵本は多いけど
    昔の絵本は色に力があると思う
    海外の絵本だからかな
    日本にはない色のセンスなのか
    表紙のクマなんてよく見たら
    コワイ顔してるのに欲しくなってしまった
    あとビックリしたのが
    裏表紙の裏側まで本文があること
    普通なら奥付とか無地だったりするのに
    ページ配分ミスってる気がする(笑)

    読んでみたらこれ知ってた!
    教育テレビかなんかで見た
    この話って改めて読むと
    オチがさっぱりしてる
    昔ならハッピーエンドでめでたしだけど
    今はそこからもうちょっと付け足して欲しい気がしてしまう
    イヤな大人ですねえ
    ドキドキ感を味わえるのが
    この絵本の醍醐味なのにね
    それにしてもクマたちには災難でしかない
    ああ 私が人間だからハッピーエンドなのか
    クマから見たらバッドエンドか
    そういう考えさせられる話だったのか
    今ごろ気がついた(笑)
    検索したらたくさん出できたので
    他の方の訳でも読んでみたくなった

  • おとうさんぐま、おかあさんぐま、こぐまの3匹が暮らす家が森の中にありました。ある日、3匹が散歩に出かけている間に、ひとりの女の子が迷い込みました。女の子は、スープを飲み、イスに座り、ベッドで眠り・・・。その時、3匹が帰って来ました!くり返しが楽しく、女の子が見つかるまでの緊張感がたまらない外国の昔話。年長さんくらいから読んであげたい。 (外国の昔話10月締切分)

  • すごいな笑
    盗んで壊して逃げ切ったのに、なぜか良かったと思ってしまう人間。
    クマだったらこれを見てどう思うんだろう。

  • 実際に女の子と森の中をお散歩しているような気分になれます。2歳の娘にはちょっと早いかなと思いましたが、くまさんのおうちにある鳩時計とか、脇役のリスさんとか、お花とか、椅子とか、あらゆるものに興味を示してました。
    フォークロアなお花の刺繍のような様式の絵もロシアらしい感じ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      ユーリー・バスネツォフ良いですよね。私は「ロシアのわらべうた」が結構好きです。それから「てぶくろ」のラチョフに、「メルヘン・アルファベット」...
      ユーリー・バスネツォフ良いですよね。私は「ロシアのわらべうた」が結構好きです。それから「てぶくろ」のラチョフに、「メルヘン・アルファベット」のマーヴリナがお気に入りです!
      2012/04/04
    • hinagiku3011さん
      nyancomaruさん、コメントありがとうございます。nyancomaruお勧めの本も素敵ですね♪早速、読みたい本に加えました。
      nyancomaruさん、コメントありがとうございます。nyancomaruお勧めの本も素敵ですね♪早速、読みたい本に加えました。
      2012/04/16
  • この絵がとても好き。懐かしい。

    「カギかけて出かけないからだろ!」(子供の感想S6)

  • 絵が素朴でいてしっかりしていて、ほっこり、かわいらしい。
    トルストイのトラディショナルな物語によくあってます。


    話は意外と尻切れトンボのような話。
    絵本でよくある繰り返し型の話の原形かも。

  • 小2の長男が学校で借りてきた本。そして初めてうちで買った以外の本を登録してみました。

    さて、内容。クマ側にたつか、女の子側にたつかで、見方は変わりますよね…。クマ側からしたら、自分達の留守中に空き巣に入られて、スープは飲まれるは、家の中は荒らされるわ、椅子は壊されるわ…でとんだ災難です。

    が、女の子からしたら、クマのうちでケガ、下手したら食べられなくてやれやれ…なのでしょうか。

    イマドキ絵本なら?クマ一家が迷い込んだ女の子をもてなしそうなもんですが…そうしないそっけない作風に、私的に拍子抜け感と毅然とした…いやトルストイさんは意識はしてないかもだけど…感じがします。絵や見返し部分がかなり素敵です。

  • ロシアの昔話

  • ロシアの文豪トルストイがイギリスの民話を再話したと言われるこのトルストイ版「さんびきのくま」は、ロシアの農民の子どもたちの生活がとても荒れていて、なんとかこの子たちに教育したいという気持ちから書かれたほんの一つらしい。
    この絵本の根底には「悪いことをしてはいけない」というメッセージが隠れているようだが、子どもたちには、単純に女の子が、大きなお父さんのものより、中くらいのお母さんのものより
    一番小さい女の子のものがぴったりでお気に入りという繰り返しを楽しんでほしい。

  • 読んでもらうの好きだったな。くまたちに名前なんかあったのか。でも中くらいのくまの名前はなんとなく聞き覚えがあるよーな、ないよーな。せたていじ訳とはまたちがった魅力です。

全108件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一八二八年生まれ。一九一〇年没。一九世紀ロシア文学を代表する作家。「戦争と平和」「アンナ=カレーニナ」等の長編小説を発表。道徳的人道主義を説き、日本文学にも武者小路実らを通して多大な影響を与える。

「2004年 『新版 人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トルストイの作品

3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする