どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)

制作 : マーガレット・ブロイ・グレアム  わたなべ しげお 
  • 福音館書店
3.83
  • (243)
  • (190)
  • (366)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 2114
レビュー : 224
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000207

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵がほんわかかわいい。
    ハリーの他のシリーズを子供が幼稚園から借りてきたりするほど、印象的なのかも。

  • 物語絵本(初級)
    黒いぶちのある白い犬のハリーはお風呂嫌い。ある日お風呂の支度の音が聞こえるとブラシを埋めて家をぬけだし、道路工事のところや鉄道線路のところなどでさんざん遊んで汚れて、白いぶちのある黒い犬になってしまう。家の人にハリーだとわかってもらうため大嫌いなお風呂に入れて欲しいと自分で埋めたブラシで催促しやっと分かってもらう。
    緑とオレンジを基調とした親しみのある絵で、文章も簡潔でわかりやすい。ハリーが遊んでいる場面は見開きを使い細部まで楽しめるように書き込まれている。

  • 2017/06/22 2年生午後
    2019/05/21 1年生

  • 2017.5  市立図書館 娘2才7ヶ月

  • Y17-26

  • 大好きだった絵本。懐かしかったです。ハリー可愛い❤白黒反転するまで遊ぶなんて☆そして気付いてもらえなかったのに、それでもお風呂は嫌いなんだなぁ・・・。ブラシを隠したハリーが最後まで可愛かったです。

  • ハリー探しを楽しんでいる。
    蔵書

  • 2015.05 4-1
    2015.06 1-2
    2016.10 4-3

  • 何度か読み聞かせをしている絵本。
    娘が好きな犬が出てくるので、文章は今の娘にとっては長めだけれど、割と見てくれるように思う。

  • 2010/1/20

全224件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

アメリカ・ニューヨーク生まれ。ニューヨークのプラット・インスティテュート卒業後、出版社で広告デザイナー・編集者を経て、フリーライター・デザイナーとして活躍した。1952年にデビュー作品である妻グレアムとの共作『ほら なにもかも おちてくる』(本作)がコルデコット・オナーを受賞。『どろんこハリー』(福音館書店)、『はちうえはぼくにまかせて』(ペンギン社)など沢山の作品がある。1975年没。


「2017年 『ほら なにもかも おちてくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジーン・ジオンの作品

ツイートする