三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

制作 : マーシャ・ブラウン  せた ていじ 
  • 福音館書店
3.84
  • (398)
  • (236)
  • (483)
  • (30)
  • (15)
本棚登録 : 3091
レビュー : 378
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000436

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もしヤギと出会ったら、絶対に怒らせないようにする。

  • 親戚の家からもらったおさがり絵本。
    私も子どもの頃に読んで、少し怖いイメージがあったので、3歳の息子にはまだ早いかなと思ったのですが、意外と大丈夫だった。

    トロールの真似をして、私を怖がらせようとしてきます(笑)

    最後の「チョキン、パチン、ストン」って、何だか残酷な暗喩の言葉かと思っていたけど、単なる「物語のおしまい」を意味する言葉らしい。
    「めでたしめでたし」みたいな感じかな?

  • 昔話の絵本の中でも長い間、子どもたちに読まれ続けてきた絵本。
    迫力のある絵の大きなトロルはちょっと怖いけれど、やぎ達の機転でこっぱみじんに。声を出して読むと、リズミカルな音でお話がよりいっそう楽しめます。

  •  「かた こと かた こと と はしがなりました」のフレーズは日常の生活でもついつい口にしてしまうほど印象的です。
     木でできている回廊などを歩くたびに ”かた こと かた こと……” と、いつの間にかやってしまいます♪

  • やまのくさばにむかった三匹のやぎ。けれどとちゅうのたにがわには、おそろしいトロルがいて…。誰もが大好きな定番の一冊。やぎのなまえがどれも同じなのは、これが本当は一匹のやぎの成長の物語だからだそうです。トロルは、岩にそっくりな姿を見ると、自然の脅威の具現化でしょうか。見返しの次のページの谷川の場面、岩山が人の横顔そっくりなのも見逃せません。眠っているふたつの顔。トロルも最初片目を閉じています。やぎの足音で、長い眠りから覚めたのでしょうか…。考えはじめると止まりません。

  • 山姥と似た構成、魔改変される前にこの手のもっと見たい

  • トロル、何にもしてないのに、バラバラにされてかわいそうだなぁ、とオットが言ってました。わたしは、大きいがらがらどん、超強い!って思いました。なんかこういう、きわどく突き放してくるのが、昔話の面白さですな。

  • 確かブクログ談話室でしたか、「小さい頃に読んでトラウマになっている絵本は?」という趣旨のスレッドが立った時にこの絵本を挙げていらっしゃる方がいて、以来この作品がずっと気になり続けていたのでした。
    自分が生まれる10年以上前に初版が発行されているし、むかーし読んだことがある気もするんだけどな……幼児だった私には刺さらなかったのかな……?
    とか思ってるうちに娘が積極的に絵本を手にとるようになったので、我が家の本棚にお迎えしました『がらがらどん』。

    め っ ち ゃ か っ け ー !!!(今刺さった)

    「おれだ!おおきいやぎのがらがらどんだ!」しびれた~~~!!!
    えっ、やばいじゃんトロル!!バラバラじゃん!!
    頭を下げて角を突き出し、相手を射殺さんばかりに睨めつけるおおきいやぎのがらがらどん。全身の筋肉に力が漲りまくっているのがビリビリ伝わるし、木の橋を踏みつける蹄の音が今にも聞こえて来そう。
    これさー絶対トロル後悔したよね怒鳴った後で。「おれだ!」言われた後であっこれ絡んだら絶対だめなやつって悟ったよね。「ひとのみにしてくれるぞ」とか声裏返ってそうだよねトロル。あわれ。
    あれっ、もしかして「トラウマ」って、トロルじゃなくてこの大やぎに対する恐怖なのかな?と思わざるを得ないアンチヒーローっぷりでした。

    ちいさいやぎとにばんめやぎの狡猾さもクール。
    ちびやぎあざとい。あざとかわいい系。

  • 私も子供の頃大好きだった本。それをそのまま我が子に。
    私は、一番大きなやぎの勇敢さに心しびれていたけど、我が子はどうかな?

  • 大きいがらがらどんがかっこよかった。

全378件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1918年アメリカ・ニューヨーク州ロチェスター生まれ。1954年『シンデレラ―ちいさいガラスのくつのはなし』(福音館書店)、1961年『もとはねずみ…』(童話館出版)、1983年『影ぼっこ』(ほるぷ出版)で3度のコールデコット賞を受賞。他に『三びきのやぎのがらがらどん』(福音館書店)、『ちいさなメリーゴーランド』(小舎)などがある。2015年没。


「2017年 『あおいジャッカル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)に関連する談話室の質問

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする