てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

  • 福音館書店
4.00
  • (478)
  • (283)
  • (442)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 4762
感想 : 416
  • Amazon.co.jp ・本 (16ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000504

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 道を歩いていると、たまに可愛い落とし物に出くわす。
    小さな靴や、靴下、冬だと、てぶくろ。
    おそらく、大人に抱かれた子供が窮屈で脱いでしまったのだろう。
    ぽつん、と置かれたちいさなてぶくろを見ると、その頼りない小ささに愛しさを感じる。
    落とした子は拾いに来るだろうか。
    気まぐれで脱いでしまったお気に入りのてぶくろを無くして、残念がっていないのだろうか。それともせいせいしてるのだろうか。

    さて、ここにも、てぶくろが片方落ちている。
    雪がしんしん降る中、おじいさんが森を歩いていて落としたてぶくろだ。
    手首のところにふわふわの毛皮がぐるりと付いたミトン型のあたたかそうなてぶくろ。

    そこに、一匹のねずみがかけてきて潜り込んだ。
    「ここで くらすことに するわ」

    そこへカエルがぴょんぴょん跳ねてきた。
    「だれ、てぶくろに すんでいるのは?」
    「くいしんぼねずみ。あなたは?」
    「ぴょんぴょんがえるよ わたしもいれて」
    「どうぞ」

    そこにまた兎が走ってきて―――。

    どんどん増えていくてぶくろの住人。
    その間にも雪はどんどん降り積もります。

    表紙の絵がもう、めっちゃ好みで気になっていたこの絵本。
    ストーリーも楽しく、ニマニマしながら読了した。

    でも最後に大きな謎が残ります。
    それは
    【何故、こんなにたくさん動物たちが入れるのか?】

    私は、「おじいさんは熊より大きい巨人だった」説を提唱します。
    文中には「おじいさん」とだけで、人間とも何とも書いていない。
    1ページめの小枝にてぶくろが引っ掛かっているように見える絵も、実は小枝ではなく大木だったのです。

    そう、肝心なところを文中で言及しない叙述トリックだったのです!

    なんて、おバカな仮説を立てましたが、いかがでしょう。

    ウクライナの子供たちも、日本の子供たちも、この絵本であの日落としたてぶくろの現在を想像して楽しむのでしょうか。

    ######################

    私の上手くない感想を読んでくださり、ありがとうございました。感謝しています。

    今年も大変お世話になりました。
    来年も皆様にとって平穏な年になりますように。
    生きてりゃ何とかなるかもしれません。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      5552さん
      「絵本図書館」はレファレンスブックですからねー
      トルンカの絵本をもう一冊だけ「おじいさんのおくりもの」理由は書きませんが、、...
      5552さん
      「絵本図書館」はレファレンスブックですからねー
      トルンカの絵本をもう一冊だけ「おじいさんのおくりもの」理由は書きませんが、、、
      トルンカがテキストも書いたナンセンスな「ふしぎな庭」や、様々なイラストを載せてカタログになっている「夢みるイルジー」も捨て難いのですが。

      猫は自分が好きなモノを挙げているだけですが、夜型さんは、そう来ましたか!って感じで素敵なチョイスでしたね。。。
      2022/01/06
    • 5552さん
      猫丸さん

      『おじいさんのおくりもの』ブクログで検索したら、他のレビュアーさんがあらすじを書いてらして、うっかり読んでしまいました。
      ...
      猫丸さん

      『おじいさんのおくりもの』ブクログで検索したら、他のレビュアーさんがあらすじを書いてらして、うっかり読んでしまいました。
      よいお話ですね。好きなストーリーです。
      他の2作品も含め、手に入ったら読んでみますね!
      でも、ブックオフとかには全然ないですね…

      夜型さんがもし、本屋さんの店員さんだったら、ブックコンシェルジュとしても人気が出そうです。
      猫丸さんはその「好きなモノ」が、個性的で素敵です。
      猫丸ブックカフェ、とかあったら行ってみたいですね。
      2022/01/07
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      5552さん
      猫が開くお店は、注文の多いナントカだから、、、
      5552さん
      猫が開くお店は、注文の多いナントカだから、、、
      2022/01/07
  • 物語はすごくシンプルですが、どこか愛嬌のある、微笑ましさを感じました。
    こいぬにびっくりする、オオカミやクマって・・

    様々な動物たちが登場するが、これを人間に例えると、皆で助け合う優しさや思いやりの精神を感じられて、素朴な民族性が現れているように思われました。

    その素朴さは、表紙の周りの花柄のデザインにも感じられて、民族衣装の「ソロチカ」に刺繍されているような、素敵なそれは、平和のシンボルのようにも、私には見えてしまう(本来は、魔除けの意味だそうですが)。

  • 昔はクリスマスシーズンになると、手袋つきの形で売っていた。
    秋冬に生まれた友人の子供の御誕生祝いに贈り物にしたことがある。

    魅惑の四次元的空間ともいえるおじいさんの手袋。
    わたしも入れるかな?と思いながら読むのかな。

    絵も発色がとてもきれいで、素敵な本だと思う。

    • つこさん
      goya626さん、コメントありがとうございます。本当に名作ですよね!ページをめくるたびに幸せな気持ちになります。
      goya626さん、コメントありがとうございます。本当に名作ですよね!ページをめくるたびに幸せな気持ちになります。
      2021/04/25
    • goya626さん
      不思議も不思議の手袋ですから、こどもたちの目は釘づけでしたよ。
      不思議も不思議の手袋ですから、こどもたちの目は釘づけでしたよ。
      2021/04/25
    • つこさん
      goya626さん、大人も釘づけです。本当に不思議ですね。
      goya626さん、大人も釘づけです。本当に不思議ですね。
      2021/04/25
  • そうそう
    新読書社からラチョフの同工異曲「つぼのおうち」(松谷さやか訳)が出ていました。

    暦から絵本へ | 村瀬学の小径
    http://jidoubunka.com/custom38.html

    てぶくろ|福音館書店
    https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=41

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      記録として
      ウクライナ民話の絵本が話題 書店“平和を考えるきっかけに” | ウクライナ情勢 | NHKニュース
      https://www3...
      記録として
      ウクライナ民話の絵本が話題 書店“平和を考えるきっかけに” | ウクライナ情勢 | NHKニュース
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220302/k10013509651000.html
      2022/03/03
  • ウクライナ民話だったんですね。
    動物たちの表情が可愛いです。じっくり絵を見てください。

    混沌とし始めている情勢。
    どうか、心温まるお話の世界のように平和が続きますように。寒い時に読みたくなる絵本。

  • おじいさんが落としたてぶくろの中に、くいしんぼうねずみが暮らし始めました。そこへぴょんぴょんがえる、はやあしうさぎ、おしゃれぎつね・・・次々と動物たちが住み着いていき、最後はのっそりぐまがはじけそうになりながらも入りこんでしまいます。いったいどんなてぶくろなの?と想像しただけで楽しそう。
    「いれて~」「どうぞ!」と言葉のやり取りと登場する動物に引き付けられるお話です。3歳から楽しめる絵本。

  • ウクライナ民話を元にラチョフが書いた童話。
    雪の上の手袋にネズミが住み込み、次々動物がやって来て仲間入り。皆仲良く平和。手袋はあるべき社会。

  • おじいさんが森で、てぶくろをかたほう落としました。
    するとねずみがかけてきて、てぶくろにもぐりこんでいいました。
    「ここでくらすことにするわ」
    そこへぴょんぴょんかえるがやってきて、
    「わたしもいれて」「どうぞ」
    そこへうさぎがはしってきて…
    どんどん増える動物たちが楽しい一冊です。

    ねずみ、かえる、うさぎ…辺りまでは許容範囲。
    きつね、おおかみ、いのしし…とだんだんなかなかの暴挙です。
    極めつけはのっそりぐま。どうやらのっそりぐまも無事入れたようなので、くまの入った描写も見たかったな。いのししまでは、なんとか手袋を拡張し、いい感じに収まってます(笑)。途中で窓を作っている辺り、なかなかのDIY。
    ちなみにおおかみ辺りから、「入れて」の後の返答が渋くなっていくのがよいです。
    おおかみ「おれもいれてくれ」「まあ いいでしょう」
    いのしし「わたしもいれてくれ」「ちょっと むりじゃないですか」
    くま「わしもいれてくれ」「とんでもない。まんいんです」
    結構現実的な先住民たち。それに対して、
    いのしし&くま「いや、どうしてもはいってみせる」
    許可を取ったのは何だったのか。笑
    なせばなるということでしょうか。
    動物たちがぎゅうぎゅう詰めで仲良くひとつの手袋に入っているところを想像したら、可愛くて楽しいです。
    最後、どうなったかなと思ったら、手袋を探しに来たおじいさんと子犬の鳴き声に驚いて、みんな逃げてしまうんですねぇ。
    結局てぶくろはおじいさんのもとに戻ります。
    拡張した窓はどうなったかな?

    読み聞かせ、約5分。

  • ウクライナ民話、絵だけでも十分ストーリーを想像しながら楽しめる作品だと思います。

    「わたしもいれて」と言いたくなる。

    でも、のっそりぐまやきばもちいのししまで入る手袋って…なんて野暮なことを考えてしまいました。笑


    心くすぐる優しいファンタジーの世界
    絵本を読むのもいいなと思いました。

  • くまが来たとき、もういっぱいで入れないよ と言っていました。

全416件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

うちだりさこ 1928年、東京に生まれる。早稲田大学露文科卒業。1964年、ポーランドに留学。ロシア、ポーランド、チェコなどのすぐれた児童文学・昔話・絵本を翻訳、紹介した。主な訳書に、童話『きつねものがたり』『ぞうのドミニク』『ロシアの昔話』、絵本『おおきなかぶ』『マーシャとくま』『もぐらとずぼん』『しずくのぼうけん』『くった のんだ わらった』(以上、福音館書店)、『ちいさなヒッポ』(偕成社)など多数。1997年没。

「2020年 『てぶくろ ウクライナ民話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

うちだりさこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック=カール
A.トルストイ
酒井 駒子
なかがわ りえこ
ドン・フリーマン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×