セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリーズ)

著者 :
制作 : 茂田井 武 
  • 福音館書店
3.80
  • (38)
  • (24)
  • (49)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 342
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000566

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 茂田井武さんの絵がとても好きです。これはいいです。部屋のインテリアとして表紙を飾っておきたいほど。宮沢賢治の文章とこの絵が調和してセロの音が本当に聞こえてくるようです。素敵。

  • いろいろありますけど、茂田井武さんの絵はすごく合ってると思いました。動物の表情がとてもよくて。同じ「生きてるもの」って感じが伝わります。ゴーシュがねぼけて「ホーシュ君か」っていうところが好きで、うちの猫に「ホーシュ」とつけました(^o^)

  • 次々にゴーシュの家に動物が来るのでびっくりした。

  • 達人に至るまで、長い修行の時間が必要だと、そんな言葉を言い聞かせるよりも、一度読んでもらった方が「百聞は一見にしかず」。作者の感性が光る。

  • 宿にて。賢治の代表作なのか。動物への意地悪に躍起になってたら、今まで普通に練習してたよりも上手くなれたって、私にはいまいち分からない作品の一つ。

  • 登場する人、動物たちの力強い表情に魅せられる。

  • ブックカフェえんじゅにて。あとがきによれば賢治の傑作らしい

  • 動物達のかわいいこと!

  • 小学校低学年を対象にしているみたいだけど、
    意外に主人公のゴーシュがひどいことする場面がある。
    短い物語の中で、「えっ!?」と思う場面があるから、読んだことない人、忘れている人も含めて読んでほしい物語。

  • トロイメライって言われたのに、インドの虎狩りをひいたことが面白かった

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1896年、岩手県花巻生れ。盛岡高等農林学校卒。富商の長男。日蓮宗徒。1921年から5年間、花巻農学校教諭。中 学時代からの山野跋渉が、彼の文学の礎となった。教え子との交流を通じ岩手県農民の現実を知り、羅須地人協会を設立、農業技術指導、レコードコンサートの 開催など、農民の生活向上をめざし粉骨砕身するが、理想かなわぬまま過労で肺結核が悪化、最後の5年は病床で、作品の創作や改稿を行った。1933年没。

「2019年 『風の又三郎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリーズ)のその他の作品

宮沢賢治の作品

セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする