おおきなかぶ

制作 : 佐藤 忠良  内田 莉莎子 
  • 福音館書店
3.94
  • (412)
  • (212)
  • (437)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 3054
レビュー : 329
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000627

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王道!

    おおきなかぶといえば
    この絵本だな

  • 昔よんだような、よんでいないような、ということで手にとった

    小学校低学年の国語の教科書に載っていたように記憶している
    ページからはみ出してしまうくらいの、おおきなかぶ
    なかなか抜けず、色色な人や動物と協力するお話
    ねずみが猫をひっぱる絵が、地味におもしろい
    日本版だったら、大根とかになるんだろうか
    声に出して読みたい

  • うんとこしょ どっこいしょ の フレーズは喜んでいました。

  • こういう、単純なのは好きらしい、我が家のむすめ(1歳)。
    うんとこしょ、どっこいしょ。
    絵の、人物の表情もよく見るとおもしろい。
    くりかえしくりかえし…な感じが、こちらもロシアの「てぶくろ」にそっくりだわん。
    パパは昔学芸会でこのおじいさん役をやっらしく、過剰に熱をこめて読み聞かせております。

  • 2歳5か月読了。
    言葉の繰り返しには興味を持ったようだけれど、それ以上は反応が今ひとつだった。
    「これはどういうこと?」という趣旨の説明が多かったので、もう少し大きくなったら理解出来そうな気がする。再読したい。

  • 9月の親子クラスで読んだ1冊です。
    畑でさつまいもを収穫した日によんだ1冊。
    歌にもできて、楽しい1冊です。

  • 私が子どもから、オススメ?された絵本は
    『おおきなかぶ』かな。
    この絵本で、去年、発表会をしました。
    だから、家でも得意になって読み聞かせして
    くれましたよ。

    多分、読んでくれた先生のマネを
    してるんです。
    文字は読めないから。

    親バカですが、すごくかわいい読み聞かせでした。
    by ほうてぃ

  • 何これ!
    改めて読むとすごく面白いではないかっ!

  • 人間3人の力はともかくとして、動物たちの力ってどれほどのものなのだろう。

    援軍を待ってるおじいさんたちの姿や表情がいいですね。

  • 昔ながらの名作です。
    子どもは繰り返しが好きだという児童文学の常識通り、
    トゥーゴも「ひっぱって」「うんとこしょ どっこいしょ」と
    一緒に楽しそうに読んでいます。
    挿絵がちょっと暗いながらも、かぶのそばでみんなが待っている時の
    力の抜け具合が面白いです。
    (2歳8か月)

全329件中 91 - 100件を表示

おおきなかぶのその他の作品

大きなカブ Audible版 大きなカブ A.トルストイ

A.トルストイの作品

ツイートする