かばくん (こどものとも絵本)

著者 :
制作 : 中谷 千代子 
  • 福音館書店
3.61
  • (86)
  • (86)
  • (199)
  • (18)
  • (1)
本棚登録 : 1189
レビュー : 138
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・姉のおさがり

  • 10か月、11か月

    すごく気に入ってみている。かばだ、かばだ、かばだのフレーズがおもしろいのか、よく笑うし。かばの絵がでーんと描かれているのも気に入っているみたい。

  • 2017.1.14
    .
    #かばくん
    #岸田衿子
    #中谷千代子
    #福音館書店
    .
    読みすぎてボロボロ。
    読めば読むほど味が出るおはなしと、語りかけてくる絵。
    絵だけでもちゃんとぐわっと魅せてくる。
    絵だけ見ててもおもしろくて目が離せない。
    かばくん、壁に飾っておきたいな。
    かばくんは永遠なり。
    .
    #絵本 #日々絵本 #絵本の記録 #28冊目

  • この絵本は、動物園でのかばくんの様子が朝から夜まで描かれています。会話文からかばくんの1日の様子が分かります。
    カバとカメの組み合わせはあまり見たことがないですが会話が新鮮でかわいいです。
    自然とゆっくり読んでしまうようなストーリーになっていると思います。

    17k008

  • 通し番号:4

  • かば!

    かばからみると、靴やスカート、ズボンが見えるんだね。

  • 再読。

    さっぱりしていながらもリズムがあって、心地良い語り口が魅力的な絵本。
    読み聞かせしていて、こちらも楽しい気分になる。

  • Y17-M98-798

  • 1歳くらいから随分読んでいる絵本。この素朴な絵に惹かれるのか・・・絵本を拒絶していた時期も割とこの絵本は見ていました。1歳9ヶ月の今も娘はこの絵本を見てくれます。

  • なんだろう、この安心感は

全138件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1929年、劇作家・岸田国士の長女として東京府豊多摩郡に生まれる。立教女学院小学校、立教女学院女学校を経て、東京芸術大学油絵科に入学。1955年、谷川俊太郎の勧めで第一詩集『忘れた秋』を発表し、詩人としてデビューした。童話作家としても活躍し、1966年には画家の中谷千代子とコンビを組んだ『かばくん』でドイツ児童図書賞を受賞した。1973年、『かえってきたきつね』で産経児童出版文化賞大賞を受賞。

「2019年 『岸田衿子の詩による無伴奏男声合唱曲 うたをうたうのはわすれても』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸田衿子の作品

ツイートする