かばくん (こどものとも絵本)

著者 :
制作 : 中谷 千代子 
  • 福音館書店
3.61
  • (86)
  • (87)
  • (199)
  • (18)
  • (1)
本棚登録 : 1189
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りてきた本。絵本のよさがわからない私には、失礼ながら、普通の文章だし、絵も特別惹きつけられるわけではないって思えました。
    でもハヅキ(1歳5か月)には、魅力があるようで、読むとちゃんと聞いてくれるし、わざわざ読んでって持ってくる。
    彼はこの本のよさがわかるようです。

  • 長い間読み継がれている理由がわかる。

    読み聞かせにもってこい
    言葉の間や、イラストの構成、色彩、
    すべてが計算されているよう

    息子もお気に入り

  • テレビで、鹿児島の動物園にもらわれてきた、かばの「龍馬」くんのニュースを観てから、あっという間に「今日、これ読んで!」の一番絵本になりました。
    キャベツを丸ごと食べてしまうシーンがお気に入り。「食いしん坊だねー!」絵本のページを開くたびにに声をあげます。いつものように、パターン化して言っているのか、そのたびに、感心して言っているのかは謎。
    もう一つの好きな場面。
    >かばより ちいさい かばのこ かばのこより ちいさい かめのこ
    >かめより ちいさいもの なんだ あぶく
    なんだか、とっても心地良いリズムで、二人で、何度も暗唱しました。だから、このページを読み始めると、私より早く読んでしまいます。「かめより ちいさいもの なんだ」「あぶく!!!」
    大好きで大好きで、ある日、「おきてくれ かばくん どうぶつえんは もう11じ ねむいなら ねむいと いってくれ つまらないから おきてくれ」と読んだら、感極まったように「あー!ここ。ここがしゅき(好き)。だから、この絵本しゅき(好き)なんだ~。」と。・・・笑える。(3歳)

    • n@kayoさん
      すごいねー、3歳の子どもが、この本のこの素敵なところがわかるのねー。嬉しいなー。
      何度この言葉で娘を起こしたことか・・・!(笑)
      もう、...
      すごいねー、3歳の子どもが、この本のこの素敵なところがわかるのねー。嬉しいなー。
      何度この言葉で娘を起こしたことか・・・!(笑)
      もう、本当に大好きな絵本です。
      2011/02/03
  • 動物園のかばの一日を描いています。
    詩のような文章、のんびりマイペースなかばくんがいいです。
    表紙を広げるとかばの親子が画面いっぱいに描かれています。

  • 絵本買いのデビュー作品として。よさげかな…と。昭和の香りが漂います。なんてことない動物園の一日。

  • かばくんとかめくんの掛け合いがとてもおもしろいのですが、うちの子供はあぶくに一番反応しましたw

  • 娘にはいい反応でした。
    何度も読んでます。

  • 動物園での一日のかばの様子のお話です。
    のんびりした雰囲気の作品です。

    ただ、カメを連れた男の子が何者なのかが謎でした。
    ゲタの子も今はいないだろうし。。
    かばが好きで、この作品の雰囲気も嫌いではないのですが
    良い絵本なのかいまいち判断に迷います。
    トゥーゴがもう少し理解できるようになったら
    もう一度読んで、その反応を見たいと思います。
    (8ヶ月)

  • 1962年の絵本。
    なのに、絵のタッチはちっとも古くない!
    ポスターにしたいようなオシャレな絵ばかり。
    シュールな文章もくすくすと笑えます。

  • 3歳2ヶ月に購入。(クリスマスプレゼント)
    動物園のかばくん、その子ども、かめくんと
    男の子掛け合いがとてもシンプルだけれど
    読んでいて安心する雰囲気で娘も大のお気に入りです。

全139件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1929年、劇作家・岸田国士の長女として東京府豊多摩郡に生まれる。立教女学院小学校、立教女学院女学校を経て、東京芸術大学油絵科に入学。1955年、谷川俊太郎の勧めで第一詩集『忘れた秋』を発表し、詩人としてデビューした。童話作家としても活躍し、1966年には画家の中谷千代子とコンビを組んだ『かばくん』でドイツ児童図書賞を受賞した。1973年、『かえってきたきつね』で産経児童出版文化賞大賞を受賞。

「2019年 『岸田衿子の詩による無伴奏男声合唱曲 うたをうたうのはわすれても』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸田衿子の作品

ツイートする