かばくん (こどものとも絵本)

著者 :
制作 : 中谷 千代子 
  • 福音館書店
3.61
  • (86)
  • (86)
  • (199)
  • (18)
  • (1)
本棚登録 : 1189
レビュー : 138
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かめとかばが
    世間話してる感じがいい。

  • かわいいかばのこ

    昭和のかおりがする

  • 絵はすてきだけど、お話はテンポが微妙。評判はいいので、読み方にコツでもあるのかな?

  • にちようびのどうぶつえん
    かばくんとかめくんのいちにち

    かばの絵がしっかりスケッチされているけど、
    どこか素朴で愛らしい。

  • かばさんののほほ~んとのんびりとした時間が伝わってきます。

  • よくいみがわかりません。おとなになればわかるのかな。

  • カメの案内で動物園のかばさんと一緒に遊んでいるようなお話です。
    親子のかばがほのぼのしています。

著者プロフィール

1929年、劇作家・岸田国士の長女として東京府豊多摩郡に生まれる。立教女学院小学校、立教女学院女学校を経て、東京芸術大学油絵科に入学。1955年、谷川俊太郎の勧めで第一詩集『忘れた秋』を発表し、詩人としてデビューした。童話作家としても活躍し、1966年には画家の中谷千代子とコンビを組んだ『かばくん』でドイツ児童図書賞を受賞した。1973年、『かえってきたきつね』で産経児童出版文化賞大賞を受賞。

「2019年 『岸田衿子の詩による無伴奏男声合唱曲 うたをうたうのはわすれても』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸田衿子の作品

ツイートする