しゅっぱつしんこう! (幼児絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
3.88
  • (84)
  • (83)
  • (84)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 1460
感想 : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1y10m
    親がストーリーを覚えるほど読みきかせた。大好きな絵本で、しゅっぱつしんこうよむ!と何度もリピートして読んだ。絵本の中で、やじるし、ひょうしき、きゅうこう、トラックなど色んな言葉を覚えた。もっと!もっと!と何度も読んだ。保育園に出発する直前までパパのお膝で読んでもらっていた。

  • 最近はこういう列車見ないな~と思いながら

  • 《本屋》【再読】レトロな列車は、いいなあ。

  • 1歳10ヶ月
    電車好きの息子。
    図書館で借りてきた。
    この作者の本はこれまでもお気に入り。
    でもそこまでハマらず。
    同じタイミングで同じような本をいくつか借りてきてそちらの方が好きだったみたい。
    また違うタイミングで読んだらもっといい反応があるかも。

  • 女の子とお母さんがおじいちゃんに会いに行くお話。

  • 電車を乗り継ぐ1日を描いた絵本。絵がリアルなので電車が好きな子には堪らないと思うが、残念ながら我が子は2人とも普通の反応だった。

  • 急行列車から乗り換えた。

  • 2歳男子向けに借りました。とっきゅう→きゅうこう→ふつう電車に乗り換えておじいちゃんのお家まで行く話。電車の写実的な描かれ方はさすが山本忠敬さん作。

  • 子どもが小さいころ、電車が大好きで、何度となく読み返しました。
    紙面左から右へ駆け抜けていく電車がよいです。

  • しゅっぱつしんこう!
    2歳7か月
    リアルに描かれた電車のほうが好きなようで、山本忠敬さんの絵本は大好き。
    ネットで一緒に「はつかり」を検索して楽しんでます。

    子どもは電車を見るよりも乗りたいという乗り鉄。
    こんな世の中なので電車で遠出したことがないけれど、どれくらいもつのかなー。

全98件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本作家、アートディレクター。東京都生まれ。東京美術学校図案科卒業。横浜シネマ漫画映画研究所員、中学校の講師を経て、絵本・百科事典などの挿絵を担当。代表作に「しょうぼうじどうしゃじぷた」「のろまなローラー」「とらっく とらっく とらっく」「しゅっぱつ・しんこう!」「ずかん・じどうしゃ」「とべ!ちいさいプロペラき」(以上、福音館書店)など。乗り物絵本の第一人者として名高い。

「2018年 『ちいさいサンパン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本忠敬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック=カール
なかがわ りえこ
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×