ぐりとぐらのおきゃくさま (ぐりとぐらの絵本)

制作 : やまわき ゆりこ 
  • 福音館書店
3.86
  • (213)
  • (161)
  • (281)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 1966
レビュー : 194
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834001013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クリスマスによみたいぐりぐらシリーズ

  • うちで買った本です。今高校生の姉の小さい頃も、小学生になったの妹も、この本が大好き。
    大きな長靴や服を見てびっくりしていますた。
    クリスマス向けの本なので、その時期に読むと楽しいです。

  • 我が家の絵本棚より。ウチには、この『ぐりとぐら』の本があります。よく話題に出るシリーズですね。こどもに教えられた絵本の数々です。おとなも楽しむ事ができます。絵本は夢がありますものねぇ。

  • パパの実家で眠っていた絵本。クリスマスシーズンにもってこいな1冊。それにしても絵本に出てくる食べ物って、やたらとおいしそうに見えるんですよね〜^^

  • クリスマス前に毎晩読まされます。

  • ムスコも私もだいすきなぐりとぐら。
    クリスマスにあわせて購入しました。
    独特な文章表現が大好きです。

  • 可愛い2ひきのネズミ「ぐり」と「ぐら」の絵本で、今の季節にピッタリな「サンタさん」が出てくるお話です。私は、ぐりとぐらシリーズで1番好きです。癒されますよ!!読んでください。

  • 保育園にあるらしいです。

  • クリスマスの時期になると、必ず登場するのがこの絵本です。しかし、やまわきゆりこさんとなかがわりえこさんの描き出す絵本の世界の食べ物はどうしてこんなに魅力的なものばかりなんでしょう。

  • ぐりとぐらが林をあるいていると、大きな足跡を発見します。 たどっていくとなんと、自分たちの家に入っています。

全194件中 41 - 50件を表示

なかがわりえこの作品

ツイートする