だるまちゃんとてんぐちゃん

著者 :
  • 福音館書店
3.91
  • (289)
  • (214)
  • (340)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 2289
レビュー : 237
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834001242

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙の通り、かわいらしい本です。

    自分に対する興味度が低いため、★2つですが、内容はおもしろい。

  • 子どもが夢中になって読みました。だるまちゃんが何か欲しいものがあるたびに、これでもかってくらい、たくさんの種類のものを集めてくるパパ(?)に感動。何十種類もの帽子をひとつひとつ眺めて、ニンマリしていました。2歳半。

  • 伊藤忠記念財団 子どもの本100冊<小学校低学年向けセット>

  • しまうま文庫にもあります。

    てんぐちゃんの持っているものが羨ましいだるまちゃん。だるまちゃんは家族を巻き込んで家中探し回ります。果たして最終的にだるまちゃんはどんな姿に....?
    【14k079】

  • 2013年05月13日

  • 絵がとにかくカワイイ!

  • てんぐちゃんが可愛くて好き。

  • お父さんは何でも出してくれるけどだるまちゃんのほしいもの工夫して、代用して、自分で作っちゃうところがステキ☆おもちゃや遊びってそれが楽しいんだよね、と気がつきます。

  • このシリーズ、面白い!そして可愛い♪娘と一緒に楽しめた。このシリーズ制覇したいなぁ

  • 昔からある本だけど、今も人気だというので借りてみた。
    まあまあ読んでたかな。
    絵が古いので、知らないものもいくつかあって知識がひろがったかな?

全237件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

加古里子(かこ さとし)
1926年3月31日 – 2018年5月2日
福井県越前市(旧・武生市)生まれ。8歳から東京都板橋区で育つ。成蹊高等学校(旧制)を経て東京大学工学部応用化学科卒業後、昭和電工の研究所に勤める。工学博士、技術士の資格を取得。勤務のかたわら困難を抱えた人々に寄り添うセツルメント活動、児童向け人形劇、紙芝居などの活動に従事自作の紙芝居が福音館書店の松居直の目に留まり、59年に絵本『だむのおじさんたち』でデビュー。
1973年に会社を退職後、ニュースキャスター、大学講師、海外での教育実践活動に励みながら、物語絵本、知識絵本、童話、紙芝居など非常に多くの作品を記した。特に自然科学の専門知識を活かした「科学絵本」を刊行し、このジャンルの開拓者・先駆者とみなされる。2008年「絵本作家、児童文学者としてのユニークな活動と、子供の遊びについての資料集成『伝承遊び考』全四巻の完成」により菊池寛賞、2009年『伝承遊び考』で日本児童文学学会特別賞をそれぞれ受賞。
50代で緑内障を患って以来左目はほとんど見えず、近年は持病の腰痛もあって車椅子生活が続いたが、創作意欲は全く衰えず、1月には「だるまちゃん」シリーズの新作を刊行。亡くなる前日まで、届いたファンレターの読み上げを聞いていたという。

加古里子の作品

ツイートする