ぽとんぽとんは なんのおと (こどものとも傑作集)

著者 :
  • 福音館書店
3.84
  • (31)
  • (22)
  • (41)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 352
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834001365

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 冬眠中の熊の子はお母さんに、外から聞こえてくる音について尋ねます。それは木こりの音だったり、フクロウの声だったり。やがて、「ぽとんぽとん」の音、そして鼻をくすぐるいいにおい。耳をすまし、春の訪れを感じたくなります。4歳くらいから

  • 早春の季節の、読み聞かせの定番。
    冬眠から目覚めようとする子グマが、お母さんグマにたずねるのは、
    まさしく冬から春に向かう季節の音。
    小さな「ぽとんぽとん」はささやくように。
    大きな「ぽとんぽとん」は低音で響くように。
    季節のうつろいを音で表すなんて、新鮮な視点だ。
    ひとつずつ教えていくお母さんグマの優しさがいいなぁ。
    オチというほどのものでもないけれど、安心して読める。
    安心して読めるのが絵本の鉄則なので、その意味では王道を行く作品だ。
    モノクロの挿し絵も美しい。
    お母さんグマに抱っこされた双子の子グマがとても可愛い。
    あったかそうでいいなぁ、と羨ましかったり。
    ラストページでは、カタクリの花が咲く春の山に出て行く3匹グマが描かれる。
    日差しが明るくなって、希望に満ちた絵だ。
    約6分。4歳くらいから。

  • 自分が小さい頃母親が好きだった絵本。

  • 外から聴こえる音をこぐまが何度もははぐまに尋ねます.
    その擬音がとてもセンスがいいのです.

  • このお話はやさしくて、興味を満たしてくれていいなーとおもいました。

  • 2017.1.30
    春を待つお話。ああいいなあ。灰色と白の冬の景色が少しずつ少しずつ春に向かって明るくなる。眠そうなクマの親子が少しずつ少しずつ生気に満ちた顔になる。お母さんクマの語りもクマ親子の表情も優しくてあたたかくて、読むと心にほわっと春の蕾が咲いたような気持ちになる。この絵本と共にゆっくり春を待ちたい。

  • 冬のあなのなかで生まれたこぐまたちとおかあさんの会話。
    はじめてみる春の世界がいいかんじに感動的。
    C8795

  • くまの子がお母さんに質問する。
    きこり、ふくろう、雪の日、ひがら、雪崩、つらら溶ける音)

  • ふゆごもりをしているおやこのくまのおはなし。
    外から聞こえる音が気になるこぐまに、かあさんくまはやさしくはなし聞かせます。
    春を待つ絵本です。

    UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本の貸出をしています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    貸出方法については、ユニリーフのHP http://unileaf.org/ をご覧下さい。

  • 熊は、冬ごもりの中で子供生むのね〜

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神沢利子 訳・神沢利子(かんざわ としこ)1924年、福岡県生まれ。北海道、樺太で幼少期を過ごす。文化学院文学部卒業。詩、童謡、絵本、童話、長編と、さまざまなジャンルの児童文学で活躍を続けている。61年に『ちびっこカムのぼうけん』(理論社)を出版後、『くまの子ウーフ』(ポプラ社)、『ふらいぱんじいさん』(あかね書房)、『銀のほのおの国』など次々に出版。『流れのほとり』で日本児童文芸家協会賞、『タランの白鳥』(以上、福音館書店)でサンケイ児童出版文化賞大賞など、多数の賞を受賞。絵本に『ぽとんぽとんは なんのおと』『いいことって どんなこと』『ちいさな き』『鹿よ おれの兄弟よ』(以上、福音館書店)など多数の作品がある。東京都在住。

「2015年 『おばあさんのひっこし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神沢利子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
エリック=カール
馬場 のぼる
なかがわ りえこ
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

ぽとんぽとんは なんのおと (こどものとも傑作集)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×