きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)

制作 : シビル ウェッタシンハ  Sybil Wettasinghe  松岡 享子 
  • 福音館書店
3.82
  • (23)
  • (22)
  • (30)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 285
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (44ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834001983

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初心者向けよみきかせ講座で知り、図書館で借りた。

    おなかをすかせたきつねのホイティは、旅人に変装して村人たちに食べ物をわけてもらう。
    うまく変装できていると思っているのはホイティだけで……。

    借りてきたはいいものの、表紙のきつねの表情がいやらしくて、手に取るまでに時間がかかった。
    個人的に絵のタッチが好きではないのだけれど、表紙と裏表紙の絵はカラフルですてき。
    スリランカでも、きつねはこういうキャラクターなのだなぁ、と不思議な気分になる。
    「ホイティ トイティ ホイティティ!」のところを、子どもは気に入る、のか?
    わき役のねこの使い方が好きだ。

  • 南国で生活する人々の暮らしぶりが 絵本から飛び出してきそうな
    素朴だけど明るい色合いの絵本です。
     服を着て 人間の家を訪ねるホイティの姿は 面白くて可愛くて憎めないし、きつねと知っててもてなす この三人のおばさんのおおらかさには憧れます。

  • 12分。読み聞かせに。人間を騙そうとして逆にからかわれるキツネの話。スリランカの愉快な民話。色彩豊かで躍動感ある明るい絵柄。

  • スリランカ出身の作家さんです
    よくある悪いきつねだけど微笑ましい
    結束するおかみさんたちが愉快
    最初のページ地図のように眺めて楽しめる(^^)

    NGTさんに読んでいただいた
    自分で手に取らないような本を紹介してもらってよかったです

  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「家族・人間関係」で紹介された本。

  • 通し番号:27

  • 【子供の読み聞かせ用】スリランカの小さな村のお話。小賢しいキツネのホイティは、アンゴウ、マンゴウ、ランゴウというおかみさんたちを騙してご馳走にありつこうとするが。。。「ホイティ トイティ このおれさまは なンとまあ あたまがいいんだろ」を節をつけて歌うと喜びました。

  • きつねと人のだましあいのやりとりが面白いお話。のびのびした雰囲気がよい。

  • せめて借りた服と違うおうちを選んだらいいのに。
    自分の服を着た人が自分のうちに来たら、キツネじゃなくてもおかしいと思いますよ。

    お話しもさることながら、スリランカの文化をいろんな場面から見ることができます。
    一番特徴的なのは、みんなごはんを手で食べているところでしょうか。
    見返しには様々な生活の場面が描かれていて、これをひとつひとつ、何をしているのか調べていくだけでも、立派な授業ができそうな感じです。

  • 3歳1カ月
    絵本の会にて。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

シビル・ウェッタシンハ 1928年、スリランカ南部の古都ゴール郊外に生まれる。6歳のとき、コロンボに移住。その後、独学で本の挿絵を描くようになる。17歳のころから地元の新聞社で働きはじめ、子ども向けの記事やコラムをイラスト入りで執筆。同時に次々と作品を発表していく。それらの多くは、スリランカにおける絵本のイラストレーションに大きな影響を与えている。絵本には、『かさどろぼう』(徳間書店)、『きつねのホイティ』『ねこのくにのおきゃくさま』『ポッダとポッディ』(以上福音館書店)など。また、自伝に『わたしのなかの子ども』(福音館書店)がある。

「2017年 『ふしぎな銀の木 スリランカの昔話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シビル・ウェッタシンハの作品

きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)に関連するまとめ

きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする