日本の歴史 (福音館の科学シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
3.55
  • (6)
  • (10)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 146
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834002263

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「手から手へ・11、3、2011震災後のメッセージ」展 参加者

    福音館書店のPR
    「石器時代から現在までの歴史が、長大な絵巻のように展開されます。主人公はたくさんの無名の人たち。時代考証がゆきとどいているので歴史の勉強にも役立ちます。」

  • [江東区図書館]

    図書館で。「話」としては、時代が進んでもさほど建物に違いが見えずにわかりづらいが、読み聞かせで使ってみたいなぁ。ただ俗っぽいけど庶民の暮らしではなく都(市)の風景だと社会の教材としても使いやすいのになぁ。

  • 再読
    絵本というに相応しいイラストでなく図説でもない絵で見る日本の歴史
    ガクジュツ的とかセイジ的シカンとかからはいろいろあるかもしれないが
    中世の田畑の景色や、空襲下や戦後の景色など趣深い作品の揃う名作
    なかでも鯨漁図の肉身の赤色は忘れがたい

  • 良くできているが、退屈。

  • 細部に細やかな絵が描かれている❗️

  • これは、いい。
    歴史が一つの時間の流れであること、それが現在まで続いていること、つまり自分も同じ世界に存在していることを感じることができる。
    農民、庶民の視点が軸になっているところも良い。
    学校で歴史を学び始めた子供たちに、ぜひ見て欲しい1冊。

  • 五年生長男、いまいち

  • 細かく、かつスケールの大きな絵で、楽しく日本の歴史を学べる。いい絵本だ。

    最後の方にそれぞれの絵の解説があるのもわかりやすい。

  • 4-8340-0226-8 79p 1985・3・10 

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年高知県生まれ。セツ・モードセミナー卒業。絵本に『絵で見る日本の歴史』〈絵本にっぽん大賞〉『絵で読む広島の原爆』〈産経児童出版文化賞〉『やこうれっしゃ』『おふろやさん』『ことばあそび絵本 あからん』(いずれも福音館書店)『にちよういち』〈児童福祉文化賞〉『なきむしようちえん』(いずれも童心社)『じごくのラーメンや』〈けんぶち絵本の里大賞びばからす賞〉(教育画劇)など多数。

「2018年 『とろ とっと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村繁男の作品

日本の歴史 (福音館の科学シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする