とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)

  • 福音館書店
3.56
  • (40)
  • (48)
  • (102)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 713
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834002300

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これで時計の見方が分かるようになるかな〜
    なんて思ったけど、そうは行きませんでした。
    『とおせんぼ とおせんぼ』
    と、ただ絵本として楽しんでいました。
    それもアリだな。

  • とけいの概念を教えるのにいいと聞いたので。

  • 友人に紹介してもらって一目で気に入りました。書店で子どもにみせたところ、読んで欲しいと何度もせがまれたので購入しました。
    時計の見方の学習に大変便利です。

  • この本が素晴らしいとは聞いていましたが、本当です!読む前まで時計の全く読めなかった子供が、(この本の範囲の時間は)読めるようになりました。テレビショッピングの体験談みたいなレビューになっちゃいましたが(苦笑)、いい本だと思います!

  • これで、時計が読めるようになると言うし、まついのりこさんなら間違いないだろうと購入。とてもいいです。

  • 愛らしいです。

  • アナログの時計の読み方って結構難しいけれどこの絵本は読み終わると不思議と頭に入ってくるいい絵本です。?では、12時のようにちょうどの読み方と、12時半の言い方がマスターできます。小学校に入る前におすすめです。

  • 時計好きの娘にぴったりでした!デジタルは読めるけど、普通の時計の読みはなかなか進まず、さりとて、どう教えればいいのかもわからず・・・
    この絵本は可愛らしい上にわかりやすい!
    (2)とセットで♪

  • アナログ時計の読み方が、楽しく理解できる絵本。どんぐりぼうやの表情が愛らしい。

  • 幼稚園のバザーで初めて買ってもらった本。うわー、実家に置いてあるかなあ!何回も何回も読み直して、それでも飽きなかった。

全66件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1934年、和歌山生まれ。武蔵野美術大学卒業。自分の子どもに作った手づくり絵本をきっかけに、物語性のある知識絵本や、観客参加型の紙芝居を発表。絵本『ころころぽーん』で1976年、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞、紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』で1983年、五山賞を受賞。『じゃあじゃあびりびり』(偕成社)など、著書多数。2017年逝去。

「2019年 『となえて おぼえる 漢字の本 小学6年生 改訂4版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まついのりこの作品

ツイートする