とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)

  • 福音館書店
3.57
  • (40)
  • (48)
  • (102)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 711
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834002300

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 懐かしすぎた。そして、理解が最近進んでるな、とは思っていたけど、一発で時間の読み方、「正時」と「半」マスター。時間そのものの概念はまだですが、少しずつそれも分かってくるんだろうなぁ。(3歳1か月)

  • 時計の読み方の基本をわかりやすく教えてくれるとってもいい本。時計の読み始めにちょうど良い。

  • デジタル時計が大好きなので、アナログ時計はわからないのかと思ってたら、4時30分とかも普通によめてて驚いた。
    25分とかはわかるのかな?
    3.5

  • こちらも4歳の誕生日プレゼント。作品として完結させて欲しかったなあとは思うけど、時計が読めるようになるかな。

  • 絵本にありがちのべた塗りのグラフィック、私はこの手も好きだ、うさこちゃんや佐々木マキの絵本もそうであるように。安定していて、粗雑な感じがしない。

  • 1歳5か月、6か月

    まだまだ分からないかなぁと思うが、たまに持ってくる本。ちびとのっぽの動き。時計の数字の位置、読み方。
    分かりやすく書かれている。
    とけいの本2とセットで読むといい。

  • これも投入が早過ぎた。3歳を過ぎてからがちょうど良かった。

  • About the Story

    There were long hand and short hand of the clock.
    They met acorns, the acorns blocked them.
    If they tell the time, the acorns gave the way.
    So they told the time.
    After that, they met the light creatures.
    The light creatures also blocked them.
    If they tell the time, the light creatures give the way.
    So they tell the time.

    What I can learn

    We can learn how to read the clock easily.

    What I think

    It was interesting.

  • 1歳2ヶ月の時計好きの息子に。何度も読めと催促されますが、やっぱり話は息子には長くて途中で終了か時計を指差して終わり…ただ内容は大人から見てとてもわかりやすい!読み続けると時計の仕組みも早く理解するかな?

  • 20160928(4歳3ヶ月)
    BOOK・OFFで購入

全66件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1934年、和歌山生まれ。武蔵野美術大学卒業。自分の子どもに作った手づくり絵本をきっかけに、物語性のある知識絵本や、観客参加型の紙芝居を発表。絵本『ころころぽーん』で1976年、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞、紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』で1983年、五山賞を受賞。『じゃあじゃあびりびり』(偕成社)など、著書多数。2017年逝去。

「2019年 『となえて おぼえる 漢字の本 小学6年生 改訂4版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まついのりこの作品

とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする