ゆうびんやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)

制作 : フィービ・ウォージントン  セルビ・ウォージントン  まさき るりこ 
  • 福音館書店
3.74
  • (42)
  • (32)
  • (64)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 446
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834002706

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きなシリーズ。本当に働き者。爪の垢を…

  • ゆうびんやさんのくまさんの1日を追った絵本。
    くまさんというかわいいキャラクターでゆうびんやさんが何をしているのか、お仕事内容がわかるようになっている。
    娘は、ゆうびんやさんが何か、手紙が何かよくわかっていない(紙全般をおてがみと呼んでいる^^;)ので、ぴんときていなかった気はするけれど、そのうちこういう知識の積み重ねで社会が少しずつわかっていくのかな?

  • 2歳0ヶ月。
    何気なくいろいろな動物が出てくるので、息子はそれを探すのが楽しそう。
    クマ好きにはおすすめのシリーズ。

  • 文字が多いのに子どもが気に入っていた。

  • 「ゆうびんやのくまさん」のあるクリスマス・イブの一日。

    人間社会の中で暮らす「くまさん」のほのぼのとした日常がやさしい色使いで描かれている。

    「○○○やのくまさん」シリーズの一冊。

  • 1歳5か月、6か月

    くまさんシリーズ、パンやのくまさんのほうがすきかなぁ。

    ゆうびんやのくまさんの仕事の一日が描かれている。
    朝起きて、手紙を集めて、スタンプ押して、荷物をなおして、くばって、家に帰って、ふろに入って。

    このシリーズは、音も表現されていていい。
    スタンプをばんばんばんとか、手紙を運ぶ音とか。
    あちらこちらに時計が出てくるので、それを指さししていた。

  • パンやのくまさん、に引き続き借りました。
    こちらも淡々とゆうびんやのくまさんのクリスマスイブの一日を描いた本。
    ツリーの下にプレゼントがたくさんあるけど、クリスマスの朝まで開けないんだよ、などと教えながら読み聞かせしました。どこまで理解したかな…

  • フィービ(作)&セルビ・ウォージントン(絵)、まさきるりこ(訳)「ゆうびんやのくまさん」、1987.5発行です。郵便屋のくまさんの仕事はとても丁寧です。ほどけかかった小包を見つけると紙と紐で包み直して配達します。クリスマス・イブの日は大変忙しいくまさんです。そしてとても人気者のくまさんです(^-^) そして、くまさんにも小包が届いています!

  • 無表情で、淡々とお仕事だけをしているように見えたけど
    いろんな人にとっても愛されているくまさんは
    きっとお仕事にやり甲斐などを感じているのだと思いました

  • 482
    3y4m

    ふつう、byKくん

全42件中 1 - 10件を表示

フィービ・ウォージントンの作品

ゆうびんやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする