いそがしいよる―ばばばあちゃんのおはなし こどものとも傑作集

  • 福音館書店
3.83
  • (53)
  • (70)
  • (78)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1124
感想 : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834002997

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ばばばあちゃんシリーズ。いろんなものを持ち出してしまったくだりで、あれも?それも??と、驚き笑いながら読みました。最終的に、夜空見るんちゃうんかーいって心の中で密かにつっこんでしまったのはわたしだけ?

  • きれいな星空を見て外にゆりイスを持ち出してながめていたばばばあちゃんは・・・ばばばあちゃんシリーズ ああ面白い

  • 3歳〜。とにかく楽しそうで、真似したい!と思ってしまう。

  • ばばばあちゃんのシリーズ。

  • 3歳6ヶ月。よんで〜、と何度も持ってきました。

    はじめてのばばばあちゃんシリーズでしたが、とっても面白かったです。

    たくさん庭に持ってくるところを早口で読むと、子どもは大爆笑でした!

  • 4歳3ヶ月

  • ばばばあちゃんは本当に楽しい

    ものをどんどん運び出してるところで
    息子大笑い

  • ばばばあちゃんのシリーズ私が読みたくて。今回もなかなか壮大だし、内容も絵も素敵だった。ばばばあちゃんの家って実は大富豪なの?庭が広すぎた。

  • 3歳7ヶ月
    さとうわきこさんの作品は初めてであったのはとりかえっこ、で、さほどぴんとこなかったのだけど、この前読んだせんたくかあちゃんは結構スキーと思ってて、今回これを借りて刺さった!これはシリーズで揃えたら子供時代の記憶に残りそうな予感…自分の時のぐりぐらてきな。ばばばあちゃんという響きも素敵。
    最近テント好きな子供にも結構うけている。
    想像の世界の楽しさよ。
    他の作品も借りてみたい。

  • よかった

全70件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

さとうわきこ 東京都生まれ。児童出版美術家連盟所属。一時、デザインの仕事に従事し、音楽教室のパンフレットを担当。子どものためのイラストレーションに興味を持つ。本作を含む「ばばばあちゃんのおはなし」シリーズは、『いそがしいよる』『すいかのたね』『あめふり』『どろんこおそうじ』『たいへんなひるね』『そりあそび』『やまのぼり』『あひるのたまご』『ことりのうち』『うみのおまつり どどんとせ』があり、本作が11作目。他に同じくばばばあちゃんの料理絵本シリーズや、「せんたくかあちゃん」シリーズ(全3作)『おつかい』『るすばん』(以上、福音館書店)『とりかえっこ』(第1回絵本にっぽん賞受賞、ポプラ社)『ちいさいねずみ』(偕成社)などがある。岡谷市と八ヶ岳で「小さな絵本美術館」を主宰。長野県在住。

「2022年 『のいちごつみ ばばばあちゃんのおはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さとうわきこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×