たなばた (こどものとも傑作集)

著者 :
制作 : 初山 滋 
  • 福音館書店
3.79
  • (32)
  • (21)
  • (48)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 329
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834005127

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数あるたなばたのお話の中で出色の一冊。
    挿絵の美しさと、男女の恋愛でなく家族愛になっているところ。
    理不尽な点が多いのも幻想的な話を盛り上げていて、いっそ民話らしいというもの。
    約7,8分。低学年から。

    織姫も彦星も、ふたりの子たちも(恋人通しではなく、夫婦なのです!)天の「おうぼさま」も、それぞれが自らの運命に従って真剣に生きている。
    とりわけ、子どもたちのけなげさは、もう涙もの。
    誰が意地悪とか責任はどこにあるとか、そういうレベルではないのに、とても切ない。
    こういうときはこうしなさいと、説教じみたお話ではないので、神秘的なお話をじっくり味わえばそれでじゅうぶんかと。
    読んだ後親子で天の川を見上げることができればもっと良いのに、統計によると七夕の夜が晴れるのは30%の確立らしい。
    ああ、一年に一度の逢瀬が雨では、あまりに可愛そうだとつい同情してしまう。

    文章が、時折縦になったり横になったりと変化しているのも楽しい。
    満天の夏の夜空が、早く眺めたくなる美しい一冊。
    さて、皆さんは短冊になんと書くのだろう。
    私は「このお話を覚えたい」と書こう。

  • 天女の羽衣と七夕が混ざったようなお話。
    なんで年取った牛がそこまで彼に手を貸すのかとか、二人の邪魔をここまでするのはなぜ?とか気になる。
    ちょっと違った七夕のお話で面白いかも。
    絵も綺麗でこどもが可愛い。
    今年は間に合わなかったので、来年はチビちゃんたちと読んでみたい。

  • 中古購入

    この色の塗り方は…と名前を確認してみる
    やっぱり初山さん!!
    中学の時の私が目指していた塗り方
    (…なんて恐れ多いにもほどがある)
    迷いなくすっと一発で塗られていて
    今作は色合いも落ち着いて 柔らかで
    七夕に合ってるなぁ
    『ききみみずきん』の鮮やかな色も好きだけど
    この色合いも心地いい

    だいたい有名な話は
    学校や教育テレビなどで知って
    いつでも身近にあるので読み返さないので
    あらすじしか憶えていない
    今は下の子が幼稚園児ということもあって
    下の子の方が詳しく知っていたりする
    きちんと正規のお話を伝えてもらえるのは
    とても有難いなと最近思うようになった
    季節が全く違うので
    来年読もうかと思っていたのだが
    読みたいというので読んでみた
    フグログ仲間さんのレビューを読んで
    少し話がアレンジされているのは知っていたので
    それを伝えてから読み出すと
    知ってるのと違うのが
    また興味を誘って
    最後までじっくり聞いてくれた
    私もこれは興味深く
    そして
    文体が真っ直ぐに書かれているだけではないところに
    また心が弾む
    思考を凝らした作りの本に弱いのだ(笑)
    最後まで牛の存在が謎だったので
    その辺りの逸話があったりするのかなって
    気になっている

  • 初山滋さんの絵が素晴らしい一冊。
    芸術品だ!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「芸術品だ! 」
      モダンで、書くのが恥ずかしいけど、とってもエロティシズムを感じる。。。
      「芸術品だ! 」
      モダンで、書くのが恥ずかしいけど、とってもエロティシズムを感じる。。。
      2014/04/25
  • 2019年7月7日に紹介されました!

  • 七夕が近いので久しぶり手に取ってみました。初山滋さんの挿絵が素敵すぎて、心にじーんときました。久しぶりに空を見上げてみたいと思いました。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「昔話・神話・歴史」で紹介された本。

  • 子供がいたとは知らなんだ。
    思ったよりも強引な展開で天女の織姫ちゃんと結婚していた。
    7月たなばた直前は予約いっぱいで、8月お盆終わってから図書館で借りれた本。

  • 絵がとっても印象的です。

全54件中 1 - 10件を表示

君島久子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック=カール
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
中村 牧江
A.トルストイ
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印

たなばた (こどものとも傑作集)を本棚に登録しているひと

ツイートする