はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

著者 :
制作 : 林 明子 
  • 福音館書店
4.07
  • (500)
  • (222)
  • (404)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 2933
レビュー : 370
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834005257

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 牛乳ください!と言うも小さい声しかでなかったところとかは、はじめて読んだとき涙がでそうになった。

  • 牛乳買うときのどきどき、ついでちゃった涙、思い出す。

  • 一人で出かけたことがないみいちゃんが、お母さんと赤ちゃんのために、転んでも、牛乳を頼む声がなかなか届かなくても、一生懸命おつかいをしている姿にとても胸がうたれます。
    15K011

    私が幼い頃、初めておつかいに行こうと決心した絵本です。はじめてのおつかいへの好奇心や、なかなか大きな声を出せずにいる主人公、みいちゃんを思わず応援したくなる一冊です。子どもをはじめてのおつかいに挑戦させたいお母さん、お父さんにお勧めです。
    19k067

  • 思い出の本。
    お店のひとがでてこない、大きな声で呼ばなくちゃ・・っていうの、大人になってもちょっと緊張する。

  • 幼稚園教諭用おすすめ本 4歳クラス 別の人

    309
    2y7m

    薬局で
    とても好きで何度も何度も読んでた
    借りてってリクエストされた

    借りた かなり好きっぽくはまって読んでた
    それがまたかわいいのなんの!!

    -> また読んでいる
    5y10m

    じ。547
    3y3m
    あんま興味ない ☆1かも

  • 初めてのことは、何でも、大変だね〜

  • あれ、これ涙腺ゆるむな。じーん。子ども心の描写がたくみ。大人目線も意識している絵本。

  • こどもがであう、「はじめての…」のなかで不安を上まわるくらい挑戦したいものの代表がこの「おつかい」ではないかと思います。おかあさんも本人もできると思っている。いつ言い出そうかと時期をみている。まさに満を持しての「おつかいのおねがい」 
    表紙のみーちゃんの笑顔、自信と期待に応えられた喜びにあふれていて、手に取るたびに私も幸せな気持ちになれる本なのです。

  • テレビ番組の「はじめてのおつかい」を見たときと同じ気分になった。
    5歳の女の子がおつかいに行く話。
    大丈夫かなぁ、とドキドキしながら楽しめる。

  • 長女が読みたいというので買ってみました。おつかい、とても無理だろうなあ…みいちゃんすごいよ。最後もいいですね、裏表紙で、どうなったかちゃんとわかるのがいいです。ほほえましい。絵も、よく見ると楽しいです。ピアノ弾いてる人や、絵を描いている人がいたり。細かいなあ。

全370件中 61 - 70件を表示

筒井頼子の作品

ツイートする