えんぎかつぎのだんなさん―らくご絵本 (日本傑作絵本シリーズ―らくご絵本)

著者 :
制作 : 梶山 俊夫 
  • 福音館書店
3.80
  • (3)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834005561

作品紹介・あらすじ

むかし、あるまちにおおきなごふくやがありました。このおみせのだんなは、えんぎをかつぐことでゆうめいでした。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012.12.5 4-4

  • 7分。あがる、うえ、かみ、という言葉が好きな旦那さんにもきちは喜ぶ言葉を連発し、おこづかいがじゃんじゃん…。

  • 中学年向け

  • え~最初は落語で一席お付き合い願います。
    なんて口上はやはり子どもにはちょっとまだ無理でした。
    ある大店のだんなさん、縁起を担ぐのが大好き。
    「うえ」「あがる」「かみ」「のぼる」は大好き、「した」「さがる」「しも」「くだる」は大嫌い。
    ある日、「こめあげざる~~」と売り声も高らかにざる屋がやってきて、縁起の良い言葉を並べ立て、だんなさんを喜ばせて、おこづかいをたっぷりもらったのは良かったのですが・・・最後に頭を下げてしまい、怒っただんなさんに全部おこづかいを返しちゃった、と言うお話。
    関西弁で読みやすく、人物になりきって読みましたが、子ども達静かすぎる・・・
    「これ落語やし、おもしろかったら笑うてや」
    「あっ、そうなんや・・・」やて。

    平成28年2月9日 4-1
         2月23日 5-1

  • お気のどくなひとだねぇ~
    おこづかいもらったのに、ことばでかえさせられて

  • 旦那さんのご機嫌をとるために言葉遣いに必死になる様子がコミカルで楽しいです。

  • 29年度  2-3
    25年度 (5-2)
    7分

  • おもしろいっ。読み語りもよし、自分で読むのもよし。ハズレなしの一冊。

  • 2018年度 6年生 7分
    落語絵本は、何といってもオチ!
    子供達は、オチを想像しながら聞いてくれました。
    やはりお小遣いに気持ちが向くのか・・・
    「一文て今のお金で何円くらい?」と、小さい声でお友達と話し合っている子、旦那さんがザル売りにあげたお小遣いを全部たし算している子もいました。
    最後はだいたい子供達の想像通り。
    ザル売りも小僧さん達も・・・ざんね~ん!
    2018年度 3年生 7分
    読み手HGさんの十八番というだけあって、子供たちを引き付ける引き付ける!
    『縁起』って解るかなぁと思ってましたが、それも難なくクリア。
    ちゃんと説明までしてくれました。
    旦那さんが喜ぶ事を言う度にお小遣いが上がっていく所では
    「それで上がるの~」やら「そんなに貰えるの~」やら。
    すっかり、お話に夢中。
    横から見てても嬉しい限り。
    最後のオチでは、「やっぱりそうだと思った~」と言いながらもとっても残念そう。皆、登場人物になりきってました。
    お話会が終わり、私たちが外に出ると子供たちが追いかけて来て、「一文っていくらなの!?」と。
    しまった!あちゃー! 知らない…。
    という事で…早速帰ってから調べました。
    江戸時代の一文は現代で換算すると12円位になるんですって。
    …という事は貰い損ねたお小遣いは一体いくら!?
    皆のお陰で1つ勉強になりました。
    皆ありがとう!
    2004年度  3年生  4年生  6年生  8分
    2012年度  5年生

  • H21年2月 2-2
    H23年2月 5-1

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年三重県生まれ。1979年桂枝雀に入門。1995年四代目桂文我を襲名。現在、年間300回程の落語の高座をつとめる。全国各地で「桂文我独演会」「桂文我の会」を開催。また、子ども向きの落語会の「おやこ寄席」も開催している。落語を題材とした絵本に、『えんぎかつぎのだんなさん』(福音館書店)、『りゅうぐうじょうでさがしもの』(童心社)、『ふたりでひとり』(フェリシモ出版)、『しまめぐり』(ブロンズ新社)、『月きゅうでん』(小学館)、「桂文我のでっち絵本」シリーズなど多数。

「2019年 『いちはちじゅうのもぉくもく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桂文我の作品

えんぎかつぎのだんなさん―らくご絵本 (日本傑作絵本シリーズ―らくご絵本)に関連する談話室の質問

ツイートする