ぐりとぐらとすみれちゃん (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)

制作 : やまわき ゆりこ 
  • 福音館書店
3.76
  • (81)
  • (72)
  • (139)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 940
レビュー : 101
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834006339

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 畑仕事に精を出すぐりぐらのところにすみれちゃんという女の子が遊びに来る。かぼちゃを持って

    それでみんなでかぼちゃ料理をする

    いいはなしだなー
    かぼちゃだいすき

  • すみれちゃんがかぼちゃを割るところが印象的でした。
    おいしそうな食べ物がいっぱい出てきます。

  • 食事のシーンが多く、とてもおいしそうと思いながら読みました。
    とくにかぼちゃが食べたくなりました。

  • 長女が小さいときに母が買ってくれた本。読むたびに、すみれかぼちゃがどんな味か考えてしまいます。料理したら、みんなにふるまうのは、ぐりとぐらの常識??

  • 自分が子どもの頃は「『ぐりとぐら』と云えばカステラ!」くらいのイメージしかなかったのですが、娘を産み不惑を目前にした今改めて読んでみると、絵本から漂ってくる“生活”の香りが本当に心地良いことに気付きました。

    朝起きて最初にするのは、畑の手入れ。
    人参を間引いたり(間引いたものはそのまま朝の食卓へ!)、いんげんに添え木をしたり(作業中のぐらが、棒と苗を縛るのに使うヒモをあらかじめ腰に結わえているこの姿!)、それから手を洗って自分たちのご飯なんです。
    お家の中にもプランターや水栽培中の球根なんかがあって、本棚には野菜の作り方の本がちゃんとしまってあって、お客様のための食器が大皿小皿たくさん用意してあって……。

    って細かい事を挙げていったらきりがないんですけど、本当にもうぐりとぐらって丁寧に生きてるよなあ、といちいち感動しています。

    本作は、ぐりとぐらの元に人間の女の子・すみれちゃんが遊びに来るお話。
    お土産の「すみれかぼちゃ」はたくさんの御馳走になってみんなのお腹を幸せにし、ぐりとぐらによって畑に埋められた種は、きっと来年も再来年もその次の年も芽を出すんだろうな。

    ひとつの童話作品として素晴らしいのは勿論ですが、この絵本が生まれるきっかけを知ると、ラストの優しさが殊の外沁みますね……。

  • のねずみのぐりとぐらのお家に、
    すみれちゃんがかぼちゃを持ってやってきて…

    「おひゃくしょう」って、
    言い方がすきです。

    美味しい料理ができたなら、
    みんなでたのしく食べる。

    子どもたちが、
    自分も野菜をつくりたーいって
    おいしいご飯をつくりたーいって
    思ってくれるかな!

  • 娘が最近せがんで読んであげる絵本。
    かぼちゃという言葉を覚えたね。
    もう少し大きくなったら、すみれちゃんのことも伝えてあげよう。

  • ぐりとぐらに人間がでてくるお話。

    すみれちゃんは読者の代表かもしれない。

    ほんわかした話の先に,子供の命の大切さを伝えることができるのかもしれない。

    歌う人が多いことと、各国語も出ていることを知るのに
    http://booklog.jp/item/1/483401777X
    を合わせて読むとよいかも。

    http://researchmap.jp/job1rmiak-45644/
    にまとめを作成中です。

  •  なかがわ りえこ
      やまわき ゆりこ

        福音館書店 (2003/10)
          (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)

    おなじみの「ぐりとぐら」
    このシリーズに初めて人間の女の子 すみれちゃんが登場しました
    かわいいです
    (このすみれちゃんにはモデルのお子さんがおられたそうです)

    すみれちゃんとどうぶつたちとつくって食べたのは かぼちゃ料理
    なんておいしそうでしょう

    ≪ また来年 すみれかぼちゃが そだつよね ≫

  • ぐりとぐらが次育てる野菜の話をしていて、ぐらがかぼちゃがいいな、と言うところへすみれちゃんがかぼちゃを持ってやってきた。
    他のどんなかぼちゃとも違って、すみれかぼちゃと言うらしい。
    すみれちゃんはかぼちゃを飛ばして地面にぶつけて割るのだった。

    それから森のみんなも呼んでかぼちゃを料理、いろんなかぼちゃの料理が出来上がりみんなで楽しく食べる。
    そうしてすみれちゃんはぺっちゃんこになったリュックを背負って帰っていった。

    ぐりとぐらの話に、作者の他のキャラクターたちが登場していて珍しい。

全101件中 1 - 10件を表示

なかがわりえこの作品

ぐりとぐらとすみれちゃん (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする