人魚姫―アンデルセンの童話〈2〉 (福音館文庫 物語)

  • 福音館書店
3.62
  • (4)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834006667

作品紹介・あらすじ

このシリーズのために、デンマークを代表する画家オルセンが、カラーを含むみごとな挿絵を二〇〇枚描いてくれました。アンデルセン童話の傑作『人魚姫』など一七編を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アンデルセンの代表作品。
    表現の素晴らしさに何度読んでも感動してため息がでます。
    王子を愛して声を奪われ人間になりますが、王子の愛はえられず、最後は空へのぼっていきます。
    一途に愛に生きた姿はほかの童話のお姫様とは一線を画しており、もともとは人間ではない人魚姫ですが、誰より人間らしさを感じさせます。
    ほんとうに大好きなお話なので、こどもが大きくなったらぜひ読んであげたいと思います。

  • 資料番号:020108361
    請求記号:949ア

  • 表題作の、人魚姫と、みにくいアヒルの子と、空飛ぶトランクあたりがメジャーどころでしょうか。人魚姫は、哀しいお話だよな~と、すこうし重い気持で読み始めたのだけど、ちゃんと、救いもあるのだなあ。ちょっと安心した。哀しい、切ないお話も、楽しい、幸せなお話も、不思議なお話も、いろいろ。黙って傍に居てくれるようなかんじがしました。でも登場人物たちにあんまりつらい思いさせないで~。やっぱり、ハッピーなお話がすきだ~。

  • シンプルでせつない、ラブストーリーの傑作。

全4件中 1 - 4件を表示

ハンス・クリスチャンアンデルセンの作品

ツイートする
×