きゅっきゅっきゅっ―くつくつあるけのほん3 (福音館 あかちゃんの絵本)

著者 :
  • 福音館書店
3.92
  • (144)
  • (90)
  • (146)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 1054
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834006841

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おいしいスープをこぼしてしまったねずみさん、うさぎさん、くまさんを、
    次々に「きゅっきゅっきゅっ」と拭いてあげます。
    最後は主人公がママに拭いてもらって、「ごちそうさま」。
    「きゅっきゅっきゅっ」の繰り返しが、リズミカルに心地よく響きます。
    何となくなつかしい絵が、あたたかく優しい。
    あかちゃんから。

  •  「きゅっきゅっきゅっ」と心地よいリズムが楽しい一冊♪
     
    子どもがまねして” きゅっきゅっきゅっ ”。何度も何度も読みました。

     「ふいてあげるね きゅっきゅっきゅっ」…絵本でも、わが子でも、
    ぎゅーと抱きしめたくなっちゃうほどの愛らしさです。
     裏表紙の満面の笑顔は、つい微笑み返してしまいます♪

  • 自分の腕やお腹のみならず、私の腕やお腹、口まで拭こうとする・・・正確には突こうとするの、やめて下さい。可愛いけれど。あんよは理解していません。我が家ではいわゆる赤ちゃん言葉をあまり使わないので・・・。意識した訳ではなくて自然とそうなったのですが。なので、足は足です。足だよって言い直してあげると自分の足や私の足を拭く・・・もとい、突いてます(;´∀`)(1歳7ヶ月)

  • 「あーあ、こぼしちゃった」を真似してしばらく大変だった思い出の一冊。

  • 「児童青少年の読書資料一覧」(中多泰子 ほか『改訂 児童サービス論』樹村房、 2004)の、「幼児むき」で紹介されていた ので、図書館でよんだ

    食事をしてこぼしてしまったら「きゅっ きゅっ きゅっ」
    楽しみながら学べる絵本

  • It seems my daughter likes this book.

  • きゅっきゅっきゅっ、て何のこと?と思ったらあんよやお手てをふきふきする様だったのですね。絵が優しくて愛らしい。子供(3歳&1歳)に読むときは絵本と同じように「きゅっきゅっきゅっ♪」と体を触ると楽しんでくれました(^^)

  • 娘の反応は特にないけど、口の周りにいっぱいこぼしながらご飯食べるところが、娘と同じだなぁと姿を思い浮かべながら自分が楽しく読んでいます。

  • こちらも、じーっと。林明子さんのえほんのまほうかな。

  • 図書館本。赤ちゃんの頃にも読んだね。くまさんの世話をしながらご飯。

全145件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

林明子 1945年、東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術科卒業。絵本に『こんとあき』『はじめてのおつかい』『おでかけのまえに』『でてこい でてこい』『きょうはなんのひ?』『おふろだいすき』『はっぱのおうち』『ぼくのぱん わたしのぱん』「くつくつあるけのほん」全4冊(以上、福音館書店)などがある。長野県在住。

「2017年 『ひよこさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林明子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
前川 かずお
にしまき かやこ
酒井 駒子
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

きゅっきゅっきゅっ―くつくつあるけのほん3 (福音館 あかちゃんの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする