ねずの木 そのまわりにもグリムのお話いろいろ

制作 : 矢川 澄子 
  • 福音館書店
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784834006896

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • センダックの絵は、面白いね~

  • センダック好きなら 一度は読むべし!グリムの世界観を描ききった挿絵の素晴らしさよ!そして 矢川澄子さんの 独特の言葉選び。痺れます。大昔 炉辺で物語たられた昔話はこのような 雰囲気であったに違いない。
    力強く 荒々しく 命漲る 昔話の力を体感できます。
    太鼓判 どおおおん!!

  • あとがきをみて何か新しいしらない物語があるのではと思ったけどそうでもなかった。ねずの木もちゃんと知ってた。何回読んでも好きなのは千匹皮の話。太陽と月と星のドレスが広がる様子をいつも頭に浮かべてわくわくする。そしてそれがくるみの中にはいってまうところがいい。私は月のドレスがいいなあ!あと「目をえぐられる」っていうのが「これくらいはないとね」というので好きだけど、その後めあきになるときに、「目の入っていたところを布でぬぐう」っていうのがでてくるのが神がかり的に気持ち悪い。
    怖い単語⇒はいのう・がちょう(黒い感じがする)・木(出てくる木がだいたい気持ち悪い)
    思うグリム童話とはちょっと違うけどセンダックの絵はそれはそれでよい感じ。というのもセンダックの絵は水木しげるみたいに好きで、アマゾンとか、自然とか海とかそういうサバイバルな感じがする。グリム童話はもっとれんがとか時計とか鳥かごとか、もう全然自然ではありませんよというものの抽出したもの、という感じがする。事実から浮き離れ出ていて欲しい。とはいえ矢川澄子の訳で、想像しているものよりももっと土っぽくなっていた。この人はいがいと土っぽくて、もっとキラキラ・かわいいでも書けるのにそうすればいいのに、と思うけどグリム童話ってそもそもそういうものだからなのだろうか。民話集。今ちょうど、新しく金子國義が絵を描いた不思議の国のアリスも読んでてそれも私にとってはなんとも言えない、ひつこい感じだ。も、もしかしてここまでやきもちが・・・

  • センダックの選んだグリム童話たち。それしても、グリムは何度読んだって面白い。シュールで残酷で、あっけなくて。センダックの挿絵が怖かったです(実は苦手)。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1928年三人兄弟の末っ子としてニューヨークで生まれる。子どものころ病弱だったせいもあり、本をたくさん読んで育つ。高校在学中からイラストレーターとして活躍し始め、アート・スチューデント・リーグでさらに美術を学ぶ。1947年、19歳のときに初めての作品を出版。1964年には代表作『かいじゅうたちのいるところ』(富山房)でコールデコット賞を受賞、1970年にはそのすばらしい業績に対し、アメリカ人としては初めて国際アンデルセン賞を受賞している。1983年には全米図書館協会からローラ・インガルス・ワイルダー賞を受賞。また1996年には米国民芸術勲章を授与された。その作品は世界中で愛され、日本でもほとんどすべての作品が翻訳されている。また、絵本ばかりでなく、舞台やアニメーションなど幅広い分野で輝かしい業績を残している。2012年没。

「2014年 『くま! くま! くまだらけ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ねずの木 そのまわりにもグリムのお話いろいろのその他の作品

The Juniper Tree: And Other Tales from Grimm ハードカバー The Juniper Tree: And Other Tales from Grimm モーリス・センダック
Maerchen der Brueder Grimm ハードカバー Maerchen der Brueder Grimm モーリス・センダック
1-3876278392の詳細を見る ペーパーバック 1-3876278392 モーリス・センダック

モーリス・センダックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
アンソニー ブラ...
いとう ひろし
シャーロット・ゾ...
ドロシー・マリノ
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする