ジオジオのかんむり

著者 :
制作 : 中谷 千代子 
  • 福音館書店
3.82
  • (54)
  • (47)
  • (81)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 560
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834007145

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 岸田衿子さんは、このような絵本も書いていらしたのですね。
    挿絵は中谷千代子さん。残念ながら1981年に亡くなられていますが、作品の良さを味わうことならいつでも出来るというもの。ありがたいことです。

    昨日の新聞で、20代・30代の自殺がいかに多いかという記事を読んだばかり。
    こんな世の中で、生きていても良いことなどないと悲観して、孤独に陥るというパターンが多いそうです。もちろんそう思う前には、病苦や経済苦や就職難など、直接的な原因がいくつか重なるのかもしれません。

    宗教家でも教育者でもない私ですが、今の日本で教えていないことは何か、この絵本を読むと答えが出ます。「いのちを大切に」などと欺瞞めいたことは教えるのに、どうやって周りと自分とを幸せに出来るかは誰にも教えてもらえません。一番大切なことなのに。

    立派な冠をしたライオンの王者・ジオジオ。誰もがジオジオを恐れて近づかない。
    でも彼はつまらなかったのですね。
    年老いて身体も不自由になったジオジオの傍に、ある日卵をみんななくしてしまったということりが現れます。
    そのことりに、なんとジオジオは、自分の冠の中に卵を産むようにと教えたのでした。
    それからは、いつでも一緒にいるジオジオとことり。
    季節がめぐり、ひなが無事生まれて、ジオジオの周りを飛び交う。

    最後が印象的です。
    『ジオジオは、よくめがみえません。でも、ジオジオはきいていたのです。ことりのこえを うれしそうにじっと聞いていたのです』
    なんとおだやかで幸せなジオジオ。
    彼は、奪うばかりだったライオン生に別れを告げて、与える側に回ってから幸せを手に入れたのでした。
    もちろん『幸せを手に入れた』なんて表現はどこを探しても出てきません。
    ジオジオは、優しい言葉をかけてあげました。強さの象徴のような冠を、ことりの住み家として提供しました。ことりは安全を与えられ、その代わりにジオジオに安らぎを与えたのです。

  • いつからだって、やさしくなれる

  • 母的にとても懐かしい本です、
    小学生の時、この本の内容に、自分で絵をつけて絵本を作ったことがあります。(自由参加の課外授業かなにかだったと思う)
    小学生の時から素敵な絵本だと思っていたけれど、大人になって読み直すと、違う見方ができます。
    年老いた有力者と、子供たち。
    目が見えなくなってきても、年をとったライオンにできることがある。
    それは力をひけらかすことではなくて、新しい命を育てること。
    それが、じおじおの幸せなのです。

    本当に素敵な絵本ですよね。

  •  なんて美しいお話なんだろう…。
     中谷さんの絵の色合いが季節感を感じさせてくれる。小鳥の感情、ライオンの感情、全部をつつみこんでいるような、やわらかい線。いいなぁ…。

  • 老境のライオンと周りの動物たちをめぐるおはなし。静かな語り口がしみる名作。こどももじっとききいる。

  • 誰にも互いを思いやれる理解者は存在する。ジオジオの冠は伊達じゃない。

  • 2018/8/17 15:59

  • 2017.1.28
    .
    #ジオジオのかんむり
    #岸田衿子
    #中谷千代子
    #福音館書店
    .
    誰か一緒にいてくれる人がいること、自分が誰かの役に立てるということ。
    それだけで人は満たされて幸せになれるんだな。
    ジオジオの穏やかな幸せそうな顔を見てるとジーンとくる。
    『かばくん』のお二方による絵本。
    わたし、中谷千代子さんの絵が好きみたい。
    夕立のページがいいなあ。
    .
    #絵本 #日々絵本 #絵本の記録 #70冊目

  • つよいジオジオの晩年。やさしい。

    C8795

  • 子どもには難しい内容。大きくなったらわかるかも。

全69件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1929年、劇作家・岸田国士の長女として東京府豊多摩郡に生まれる。立教女学院小学校、立教女学院女学校を経て、東京芸術大学油絵科に入学。1955年、谷川俊太郎の勧めで第一詩集『忘れた秋』を発表し、詩人としてデビューした。童話作家としても活躍し、1966年には画家の中谷千代子とコンビを組んだ『かばくん』でドイツ児童図書賞を受賞した。1973年、『かえってきたきつね』で産経児童出版文化賞大賞を受賞。

「2019年 『岸田衿子の詩による無伴奏男声合唱曲 うたをうたうのはわすれても』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸田衿子の作品

ジオジオのかんむりを本棚に登録しているひと

ツイートする