おじぞうさん (こどものとも傑作集)

著者 :
  • 福音館書店
3.54
  • (8)
  • (9)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 129
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834007442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 次々に連鎖して、最後は元に戻るおもしろさは、
    バートンの『ぶんぶんぶるるん』みたい。
    そして、めでたしめでたし!

  • きりなし歌 みたいに
    ドタバタな出来事が続いている!

    テンポがよくて最高

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み再製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • 文章にある方言はどこの地方の言葉なんだろう?
    おじぞうさんをユーモラスに描いていて最後まで読むと面白かった。

  • おうめばあさんが孫のじろっぺのねしょんべんを治してくれるように大福をお供えしてお地蔵さんに願掛けをした。
    大福がおいしそうだから、お地蔵さんは思わず涎が。
    その涎に野良犬ののらべえが転び、それを見たお坊さんが笑う。
    お坊さんはスクーターに乗っていたけれど角を曲がり損ねそのまま海へ、どじょうがびっくりして跳ねて巣にいるカラスの口の中へ。
    カラスがびっくりしてカアと鳴くと、寝ていた絵描きがびっくりして粉屋の女将さんの服に絵を描きだす。
    粉屋の女将さんはびっくりして粉を飛ばす。
    飛んだ粉が釣りをしていた父さんの目に入り前が真っ白。
    適当に引っ張ったらおうめばあさんに引っ掛かった。
    持っていた株が飛んで行って牛の頭にぶつかった。
    牛がびっくりしてしょんべんをした。
    そのしょんべんがじろっぺに掛かった。
    牛のしょんべんには霊験があってじろっぺのねしょんべんが治った。
    おうめばあさんはお地蔵さんにたくさんの大福をお供えし、お礼に赤いよだれかけもつけるのだった。

    風が吹けば桶屋が儲かる的なじゅんぐり。
    よく出来ている。
    まずお地蔵さんが涎を垂らすところから笑える。

    最後にカラスが大量の大福を運んでいたり、崖の近くにお地蔵さんがいたりと舞台がはっきりする。

  • チビ1号、幼稚園、「読みの時間」にて

    2010/02/25
    チビ1号、幼稚園、「読みの時間」にて、2回目

  • 孫のじろっぺの寝小便が治りますようにと、
    おうめばあさんがおじぞうさんに願掛けし、
    大福餅を3つお供えしました。
    美味しそうな大福餅に、おじぞうさんはよだれを垂らし、
    そのよだれを踏んだのらいぬののらべえが転びます。
    それを見たお寺の和尚さんが大笑いして池に落ち、
    ビックリしたドジョウが池から飛び出して
    カラスの口の中に飛び込んで…
    たくさんの人や動物を巻き込んで、
    次々とハプニングが起こります。
    そして…

    なんだかすごい勢いでお話が進んでいって、
    気が付いたらもう最後のページ。
    しかも負の連鎖反応だったはずが、
    なぜか最後は「めでたし めでたし」な結果になっていて…
    難しいことを何も考えずに、とにかく笑える絵本です。

  • 図書館で
    表紙はこわくかんじるけど借りていく子が多い
    と言われて借りたけど、なんとなくわかるかも。

    かあ という巨大な字に驚いた

  • おじぞうさんにお供えしただいふくもちから、ドミノ倒しのように次々に愉快なバタフライ効果が起きるお話。
    絵が豪快で、漫画太郎的なページもあり、子どもが大受けw
    これを読んだ翌朝に長男がおねしょをしたので、おじぞうさまにお願いして、長男も牛のしょんべんぶっかけてもらおうか~w とまた大笑い。

  • 次男にウケた

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1940年大阪府堺市に生まれ、高知県で幼少期をすごす。
1967年『ちからたろう』制作。この絵本の絵によって、BIB1969第2回世界絵本原画展「金のりんご」賞受賞。1969年より東京都日の出村(当時)で農耕生活をしながら絵本制作を続け、『ふきまんぶく』講談社出版文化賞絵本賞、『とべバッタ』小学館絵画賞などを受賞。
1998年伊豆半島に移住。木の実や流木など自然物を用いてアート作品や絵本『ガオ』などを制作。
2009年、新潟県十日町市の廃校をまるごと空間絵本にした「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」を開館。
2013年より、ハンセン病回復者の国立療養施設がある瀬戸内海の大島で「青空美術館」「森の小径」「Nさんの人生絵巻」などのアート作品を制作。
2019年巌谷小波文芸賞、2021年ENEOS児童文化賞受賞。
他の絵本に『はたけうた』『くさむら』『しばてん』『ちきゅうがわれた!』『つかまえた』(サンケイ出版文化賞受賞)などがある。

「2021年 『とわちゃんとシナイモツゴのトトくん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田島征三の作品

おじぞうさん (こどものとも傑作集)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×