きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)

著者 :
制作 : 林 明子 
  • 福音館書店
4.21
  • (362)
  • (116)
  • (209)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1590
レビュー : 251
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834007527

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きな絵本です。読むたびに子どもの頃わくわくした気持ちがよみがえります。森の案内の仕事に活かせないか模索中。

  • 小学生の頃この本を読んで、両親の結婚記念日にほんとにやってみた。今でもあのわくわく感は覚えてる。

  • これを読んで同じようにしてプレゼントを渡したくなりました。準備が大変だけどね。

  • n:特別でなくてもいい。家族の、素直な愛情がステキです。

  • 小さいころこの絵本を読んで、
    同じようなゲームをして遊んでました。

    懐かしい絵本です。

  • こどもの頃、
    すごぃって思って
    似たようなことをやってた
    記憶があります。
    純粋に温かい気持ちになれる絵本です。

  • 大好き絵本のナンバー3には必ず入る。ちょっとした謎ときでわくわくしっぱなしだった。ママとパパは幸せ者。

  • こんな娘に育ってくれるといいな〜〜^^

  • 印象に残っているって事は好きだったんだよね、この本(笑)<BR>
    <BR>
    お母さんが少しずつのヒントを手がかりに、子供が残したメッセージを辿っていく。<BR>
    ほんわか、温かい空気が流れてます。<BR>

  • 子供が手紙を家中に隠し、ママが宝探しのように探し回り、最後に温かいメッセージが現れる話。親子でお気に入りです。

  • これは誰かにプレゼントしたい。
    ほっこり。

  • 素敵な楽しいお話。一人で読むのも幸せですが、小さなお子ちゃんと一緒に読むともっと幸せになれる絵本です。

  • お母さんの誕生日に、この絵本の主人公のまねで、同じことをした覚えがあります。失敗しましたが・・・
    これも大好きな一冊。

  • 「おかあさんがお手紙を一生懸命探すのがおもしろい。探しても探してもお手紙が続くのがすごい」5歳息子

  • とにかく可愛いと思います。
    なんだか心が暖かくなる本です。

  • 4歳の娘が自分の誕生日にママ、これやってねとおねだりしてきました。いつか私も娘にしてもらえたらうれしいな。

  • もうずっと読んでないけど、記憶の中ではすごく好きな絵本。次から次へと、お祝いのための仕掛けがあるの。幸せ。親子。からくり。手紙。記念日。

  • ※出版社 / 著者からの内容紹介
    両親の結婚記念日をめぐって、親と子の間に流れる暖かい心づかいが、謎ときふうなストーリーと、やわらかく、心配りのいきとどいた絵で描かれた創作絵本。

  • まねをした思い出があります。青いサファイアお父さん。赤いルビーはお母さん。

  • 子供の頃に読んで、実際に真似しました。そして、今、娘が真似しています。何度読んでも楽しい♪

全251件中 181 - 200件を表示

著者プロフィール

瀬田貞二(せた ていじ) 1916年、東京生まれ。東京帝国大学で国文学を専攻。児童文学の翻訳、創作、評論や、『児童百科事典』(平凡社)の企画・編集などに精力的にとりくみ、現在の日本の児童文学界に多大な功績をのこした。絵本の翻訳・創作に、『三びきのやぎのがらがらどん』『おだんごぱん』『げんきなマドレーヌ』『かさじぞう』『きょうはなんのひ?』(以上福音館書店)など。童話の翻訳に、『ナルニア国物語』『ホビットの冒険』(以上岩波書店)、『指輪物語』(評論社)など。評論に、『幼い子の文学』(講演録、中央公論新社)、『絵本論』『児童文学論』(以上福音館書店)など多数。1979年逝去。

「2017年 『さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬田貞二の作品

ツイートする