きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)

著者 :
制作 : 林 明子 
  • 福音館書店
4.21
  • (362)
  • (116)
  • (209)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1590
レビュー : 251
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834007527

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小1の時♪

    弟と二人で母の誕生日に実践したのを覚えています。

    母の反応は…いまいちだったのも覚えてる~!

  • とってもだいすきな思い出の一冊です。

    幼い頃にこの本を読んで、主人公の
    女の子の真似をしたことを覚えています。笑

    母もきちんと最後まで付き合ってくれて、
    「大変だったけど嬉しかった」と言ってくれました。

    きっと、どんな年代の方が読んでも
    心温まる、そんな素敵な作品です。

  • 小さい頃この本も大好きで、色々いたずらをした記憶が。

    結局思った通りには動いてくれず、残念な気持ちにも……(笑)。
    私が将来探す立場になったら、頑張って探したいなぁ。

    童心に戻れる一冊。

  • 娘の大好きな本

  • 幼稚園のとき、なんどもなんどもマネをした。世界で一番好きな本。

  • 8分30秒
    どちらかと言えば冬のお話。
    中から高学年の読み聞かせに。
    4年生にしたときまみこのアイディアにみんな感心していた。

  • 両親に結婚記念日を思い出させようとする女の子に感動したのを覚えてます
    色んな方法を使うところも今、読み返したら

    頭いいなって思うんだろうな

  • 子供の頃、特別なことがある日にはこの絵本の通りに親にヒミツを見つけて欲しくて、すごく頑張ってました^^*

  • 自分が幼稚園の時に買ってもらった本です。
    私が通った園は、毎月個人がフレーベル館の本や『こどものとも』、『~の科学』みたいなのを(たぶん親が払って)定期購読していて、帰りの会で先生から絵本を渡して貰えるふうになっていました。
    それで貰った本だと思います。

    結婚&出産して家を出る時に部屋を整理して、痛んだ絵本は捨ててしまいましたが、この本はだいぶ黄ばんでるけどもったいないなと思って今でもちゃんと取ってあります!
    家中に隠してある小さな手紙をママが探していくと、最終的にはまみこからのメッセージになっているという素敵なストーリーにドキドキしました。
    結婚するまでずーっと親と社宅住まいだった自分には、2階・池・オルガン(ピアノだったっけ?)などが羨ましく思えたお話でもありました。

    『いもうとのにゅういん』と同じ林明子さんのイラストがとっても合っていて、大人になった今読んでもすてきな絵本です。

  • かってもらってずっと大事にしている本。いまでもたまに読みたくなる本。

  • 勝手に「記念日とか行事の本」かと思ってました(「こどもの日」とか「七夕」とか)

    違ったよー
    記念日は記念日だけど^^

    「靴箱を見よ」→「枕の下を見よ」→「花瓶を見よ」→「テーブルの裏を見よ」→「ばかが見る~」
    ってやつの話でした。

    いちいち、隠し場所も凝ってるし、仕掛けもあるし、
    ぱたぱた見に行くお母さんもかわいいし
    全体がもうほほえましくて和やかでかわいらしい
    絵がすてきだなー

    このあそびやりたくなりました。
    途中失敗したりしそうで怖いけど・・

    「じょうさし」ってなんだろう??

    ・・と思ったら
    「状差し」:柱や壁に掛けて、手紙やはがきを入れておくもの
    だそうです。
    うわーあれ状差しっていうのかあ
    普通に知らなかった^^;

  • 小さいころ愛読していたもの。

    今でも時々本屋さんで手にしちゃいます。

    小さな女の子の優しさが詰まった絵本。

  • このお話のワクワク感

    ほっこり、優しい気持ちになる感じ

    そしてとっても品のあるイラスト。。。。

    いやー、素敵な絵本です。

    おすすめです。

    written by ごじゃるde142(@gojarude142)

  • 今読み返してもほのぼのできる、良い絵本です。示されるまで、ああいう「しかけ」だとは気づきませんでした。 

  • サプライズプレゼント万歳!!!
    詳しくは、えほんキブンで。
    http://www.ehonkibun.com/kibun/ehon_hot.php

  • 「こんな娘ならほしい!」と思ってしまうほど主人公がかわいい!!

    「とある記念日」をお祝いするために、ちょっとがんばる女の子のはなし。
    あんなお祝いの仕方、「宝探し」っぽくて楽しい。

    (作者が男性であることに驚いた。もしかして、娘さんがおられるのかな?)

    林明子の絵も、あたたかな色合いで素晴らしい。

    とても優しい気持になれる絵本だ。

  • こどもの気持ちってこんなだなあ、こどもの楽しみ方をいつまでも持ち続けたいなあとおもいます。
    あったかくなるお話と絵。

  • どちらかというと女の子向き。

  • なんだこの絵本!やっさしいな!!

    絵本て割と、優しいのは大人の方だったり周囲の人間だったりしがちですが、この話のエンターテイナーは子供の方。まみこおまえは天才か!天使か!抱きしめたいよ、もう!

    「おかあさん、きょうはなんのひだかしってるの?しーらないの、しらないの、しらなきゃ かいだん 三だんめ」

    お母さんもすごくいいお母さんなんだろうなあ、ってぐんぐん伝わってくるしなによりこの絵が素敵。みんなの表情が活きている。
    将来自分の子供にこれを読み聞かせて、子供がまねっこしてくれたら幸せすぎて、きっとどうしていいか分からない。

  • (2010-03-10N)(2013-02-27N)

全251件中 121 - 140件を表示

著者プロフィール

瀬田貞二(せた ていじ) 1916年、東京生まれ。東京帝国大学で国文学を専攻。児童文学の翻訳、創作、評論や、『児童百科事典』(平凡社)の企画・編集などに精力的にとりくみ、現在の日本の児童文学界に多大な功績をのこした。絵本の翻訳・創作に、『三びきのやぎのがらがらどん』『おだんごぱん』『げんきなマドレーヌ』『かさじぞう』『きょうはなんのひ?』(以上福音館書店)など。童話の翻訳に、『ナルニア国物語』『ホビットの冒険』(以上岩波書店)、『指輪物語』(評論社)など。評論に、『幼い子の文学』(講演録、中央公論新社)、『絵本論』『児童文学論』(以上福音館書店)など多数。1979年逝去。

「2017年 『さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬田貞二の作品

ツイートする