さかさま (安野光雅の絵本)

著者 :
  • 福音館書店
3.66
  • (16)
  • (13)
  • (37)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 212
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834008388

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハート,クローバー,ダイヤ,スペード。
    4種のスートに13のランク。
    タテ4×ヨコ13列にカードを並べる。
    どのカードにもなりえるけれど,孤独なジョーカーはそこには入らない。長方形ではなくなってしまうから少し離れた場所に置く。
    どちらが上でどちらが下か,を決めるために何百年も争うトランプの兵隊たち。それを眺めるジョーカーは戯笑しているのか,苦笑しているのか。
    対象軸の端で両側を同時にみることができるような観察眼を持ったこの物語に登場するジョーカーになれたらいいのに,と思うことがある。トランプに上と下の区別はないのだから。
    《2014.03.06》

  • 読み聞かせより、子どもと一緒に本の向きを変えて眺めて「あっ!」と気づく絵本だと思う。絵だけじゃなく、文章にも「あっ!」がある。

  • これは読んだことないかも知れない。

    上下逆さま。
    どっちが正しいの?

    一番最後の円になってしまえは上も下もなくなる、というのが好き。

    立場によって正しいものが変わるけれどそれは絶対的なものではない、という教えなのかな。

  • 自宅の本棚

  • 絵が素敵なんで。

    「だんへ」ってなんだろうとしばし悩みました。

  • 「文喫」に行ったときに見つけ小さいころ読んだよなーと懐かしく、帰って6才の娘と読む。
    さかさまの国、だまし絵でどっちが正しい絵かな?と私は楽しみながら読むが、娘の反応はイマイチ。

  • [墨田区図書館]

    何かで引っかかって借りてきた本。安野さんだから、算数系も入っているのかしらと思いつつ借りてきたら、表紙絵&題名通り、トランプ世界のお互いさかさま同士のいざこざドタバタを描いた絵本。一人で読んだんだけど、途中王様たちのむかって座る、だまし絵テーブルに気付いてくれたかしら?

  • 2017.2 市立図書館

  • 娘4歳4ヶ月、息子1歳8ヶ月時、図書館にて借り。

  • 5歳息子は気に入ってました。不思議さに大興奮。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

安野 光雅(あんの みつまさ)
1926年、島根県津和野町に生まれる。BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞、講談社出版文化賞、菊池寛賞などを受賞。1988年紫綬褒章を受章し、2012年文化功労者に選ばれる。
主な著作に『ふしぎなえ』「『旅の絵本』シリーズ(全8巻)」(福音館書店)、『本を読む』(山川出版社)、『小さな家のローラ』(朝日出版社)などがある。いまなお『旅の絵本Ⅸ』、『いずれの日にか国に帰らん』など新刊を続々刊行。ほかにも多くの書籍の装丁を手がける。
2001年、津和野町に「安野光雅美術館」、2017年、京丹後市の和久傳の森に「森の中の家 安野光雅館」が開館。

安野光雅の作品

ツイートする
×