みんなうんち (かがくのとも絵本)

著者 :
制作 : 五味 太郎 
  • 福音館書店
3.83
  • (109)
  • (85)
  • (138)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 1017
レビュー : 124
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834008487

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私が四歳の時にえらく気に入り、母に「買って~!!!」と本屋さんでねだった絵本です。
    (今、文章書きながら本屋さんで立ち読みしている情景が思い出されました。ウン十年以上前の記憶だ!)

    「うんち」という子どもが大好き!?なテーマと、色々な生き物のうんちが色彩豊かな背景に描かれている絵がとても気に入っていたようです。

    いろんな色、いろんな形、いろんな臭い……。
    文章もシンプルだから、何度も読んでもらってすぐに文を覚えていました。

    幼稚園に勤めていたときに読んでも、すごくウケました。まず、題名を読むだけでクスクス笑いますものね。でも読み出すと、みんな絵本に惹き付けられて集中!!
    科学絵本の種類に分類されるこのテーマを、楽しく、分かりやすく、美しく描かれています。

  • 図書館本。
    うんちに対して抵抗があるように感じて借りてみた。
    最初に少し説明的に話してしまったのでそれから最初にしたように私の真似をしてうんちを指さしながら読んでいる。
    最後のページでは自分のうんちがどれか探している。
    「おむつでうんち」のところででは自分はこれだって言ってる。
    そろそろトイレでうんちして欲しいんだけど。

  • タイトルからして惹きつけれる。

    みんな食べるから、というオチも見事。

    タブーを異化してしまう。

    鯨のウンチ、へびのおしりは答えがないから、むちゃくちゃ知りたくなる!うまい

  • めっちゃお気に入りの絵本。「これは、うそ!」のところがお気に入り

  • [ 内容 ]
    子どもにとって興味のある、そして大事な「うんち」をユーモアいっぱいの絵本にしました。
    「いきものはたべるから、みんなうんちをするんだね」というお話。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • かんたんに読めるんだよ。
    ごりら、まじやばい。ほら、こんなとこにウンチつけちゃってんの。
    イチバン好きなウンチはふたこぶ…、やっぱ、あとしまつするネコかな。(M6)

    Mの読み聞かせ絵本。
    上手に読めました。

  • ◆3歳3か月
    うんち好きなので読んでみました。
    読んでみたら、私も昔読んだことがあるのを思い出しました。

    子供たちにとっては身近で興味をそそられる題材を、テンポよく教えてくれています。

  • いろんな動物のいろんなうんち。

    子どもたちには、大うけ!!
    毎日の読み聞かせの時間。。
    必ず、誰かが「うんち」読んでとせがみます。

  • みんなうんち!
    2歳4ヶ月の子がすぐにタイトル覚えました。笑

  • 古本につき、表紙中に使用感があります。中は比較的きれいです。状態は良とします。

全124件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

五味 太郎(ごみ たろう)
1945年、東京都生まれの絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。絵本を中心とした創作活動を続け、400冊を超える作品を発表。海外でも50数種類の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。『かくしたのだあれ』『たべたのだあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画 展賞、エッセイ『ときどきの少年』で路傍の石文学賞など受賞。『きんぎょがにげた』『さる・る・る・る』『ことわざ絵本』など、ミリオンセラー多数。

五味太郎の作品

ツイートする