およぐ (かがくのとも絵本)

  • 福音館書店
3.74
  • (21)
  • (22)
  • (35)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 284
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834008692

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 泳ぎ方がこんな風に書いてあるなんて、なんかおもしろい本だった。ぴょん子はプールに入っているので、実践していることを絵本で見て「そうそう」みたいになっていた。ついには布団の上で泳ぎ始める始末。

  • 水の描き方が妙にリアル。

  • 2019/06/13

    見たことのある本だなと思っていたら
    記憶の中にあるのは実家にある本ではありませんか
    風船とか、「うき」とかの意味がかつてはイマイチ理解できなかったよな・・・そういうのも含めて、懐かしい本

  • 5分。6-7月の水泳の始まる頃に。科学絵本。ポップなイラスト。

  • なんで、水の中で体が浮くのか、そんな疑問を答えてくれる絵本

  • 802
    4y6m

    じつはよんでるとこみたことない
    →きらいなんだって

  • 「およぐ」ことを説明したかがく絵本。
    独特な絵柄と、泳ぐということの説明が楽しい。


    3歳以上 8月 3分

  • 2015.07 1-3

  • (2016年6月)
    元は夫実家の本。
    去年もこの時期に読んだ気がする。

    水泳教室に入ってるからか、去年よりも夢中になっている模様。

    (2017年7月)
    出してきて読み。小学校でプールの授業があるので。

    (2019年6月)
    出して来て読み。
    8歳児Fも3歳児Aもそれぞれ小学校、幼稚園でのプール開きが終わったので。水泳、楽しんでくれたらよい。

  • 2019  仲よし高学年
    28年度(1-1)
    27年度(1-3)
    7分

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

なかのひろたか 1942年、青森県生まれ。桑沢デザイン研究所リビングデザイン科卒業。アニメーション・スタジオ、デザイン会社勤務を経て、現在は絵本の創作に取り組んでいる。作品に『ぞうくんのさんぽ』『ぞうくんのあめふりさんぽ』『ぞうくんのおおかぜさんぽ』『なきむしおばけ』など、絵を担当した作品に『3じのおちゃにきてください』『ゆうちゃんとめんどくさいサイ』『ゲーとピー』『カユイ カユイ』(以上、福音館書店)など多数。

「2019年 『かめくんのさんぽ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なかのひろたかの作品

およぐ (かがくのとも絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする