あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

著者 :
制作 : 林 明子 
  • 福音館書店
4.03
  • (225)
  • (133)
  • (179)
  • (4)
  • (7)
本棚登録 : 1453
レビュー : 185
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834008746

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもがとても気に入った本です。
    数回目にはほとんど飛ばし読みで、「ここ、ここだよ!」と"いもうと"を探して私に報告するのを楽しみとしていました。

  • 子どもの頃のお気に入りの本でした!!今も時々手に取って読んでしまいます♪♪小さいときに見える世界が、丁寧に丁寧に描かれています。

  • 妹がいなくなって焦るあさえの様子がリアルで、ほほえましい。

  • 遊んでいた妹とはぐれるだけの話です。でも文章や構図で、あっというまに臨場感溢れる大冒険に。妹がいない!!!うぁーーー道路こわい!!大人の男の人、、、ってでかい。怖い。子供のころ世界に感じていたドキドキ感が、みごとに描かれていました。読んでホッとします。あぁ。。って

  • 筒井さん&林さんコンビも好き。

  • 私には妹がいる。
    しかも、あさえちゃんの妹と同じ名前の妹がいる。

    小さいときに読み聞かされた後は、地面にロウセキでお絵かきしている途中で、なんとなく妹の存在を確認していた。

    今はお互い成人して大きくなったけど、かわいい妹に変わりはない。

  • お母さんがお出かけの間、姉のあさえと妹のあやちゃんはお留守番することになりました。あさえが夢中になって、チョークで線路を書いている間に、あやちゃんがいなくなってしまいます。
    あわてて、あさえは妹を探しに出かけます。その時泣き声が聞こえて・・・。

    妹のお守を頼まれたお姉ちゃんの小さな冒険物語。お姉ちゃんの不安や焦りが手に取るように分かり、臨場感たっぷりに話が進みます。
    女の子は可愛く、情景は美しく描かれ、お姉ちゃんの妹への想いが伝わる1冊です。 

  • 私は末っ子なので、お姉ちゃんの立場は味わったことがありません。

    でもこの絵本のドキドキ感が好きでした。

  • おとなでも気持ちがポロリと涙出て感涙でる話です。
    私の家庭もそうななることを願いたい。応援しながら見守って行きたいです。

  • 妹がいなくなって心配で探し回るあさえの気持ちがすごく分かる。林 明子さんの絵が、小さい子独特の丸みや躍動感、あったかさを感じるし、お話も好き。

全185件中 81 - 90件を表示

筒井頼子の作品

ツイートする