ぐりとぐらのえんそく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)

制作 : やまわき ゆりこ 
  • 福音館書店
3.71
  • (135)
  • (125)
  • (273)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 1616
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834008920

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文教大学広告企画制作サークルの発行誌 『FOGPARTY』Vol.6 において、「本~めくり、ひろがる、せかい」の特集に応じ、学生の皆さんから選ばれ紙面にて取り上げられた図書です。

    企画コーナー「成長する本棚」(2Fカウンター前)にて展示中です。どうぞご覧下さい。
    展示期間中は貸出利用は本学在学生および教職員に限られます。【展示期間:2012/11/26-12/25まで】

    湘南OPAC : http://sopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1194920

  • もってきた時計が目覚まし時計というところで思わず笑ってしまいました。自分たちよりも大きくなってしまった毛糸をころがす姿はとてもかわいらしいです。

  • ぐりとぐらが遠足に。お弁当を食べるまでの間なにをしようか。。。。とマラソンをはじめたら、毛糸が木の枝に引っかかっていてそれをたぐっていくと、なんとくまさんのチョッキにたどり着く。そして、くまさんも一緒に仲良くお弁当。

    遠足の楽しみってやっぱりお弁当ですよね。

  • 遠足にでかけたぐりとぐら。お昼ご飯まで時間をつぶすためにマラソンをしていたら、毛糸に足を取られてころんでしまいました。毛糸をたどっていくと、その先には大きなくまさんが! くまさんも誘って、三人で野原で仲良くお弁当を食べます。
    まもなく3歳になる娘が「ぼうし かぶってる ぐりとぐら~」とお気に入りの絵本。
    毎日、寝る前に読み聞かせています。
    「ぐり ぐら ぐり ぐら」とリズムの良い、お決まりのフレーズ。娘もご機嫌で口ずさみます。親の方も独特のテンポの良いの文章のおかげで、何度読み聞かせても飽きることなく気持ちよく読めます。だから、娘も聞いていて楽しいのかもしれませんね。
    そして、なによりも絵がやわらかで、優しい感じです。大きなくまさんも威圧感がなく、小さなぐりとぐらに対する思いやりにあふれています。美味しそうな食べ物は、娘と一緒になって「これは、なにかな?」と謎解きをしたり。細部までこっていて、くまさんのおうちや家具など、大人も真剣に見入ったり。
    このお話のいいところは、随所に「思いやり」がみられるところ。大きなくまが、自然と小さなぐりとぐらの歩調にあわせたり。ぐりとぐらも自分たちのお弁当を惜しげもなく、くまさんに分け与えたり。二つしかない水筒を、仲良く三人で分け合っている姿はじんときます。
    我が家では「ぐりとぐら」シリーズの中で、『ぐりとぐら』と並ぶお気に入りの作品です。

  • 最後にお弁当をひろげたときに、こんなにたくさん入ってたのか!と驚きつつも、2匹の食いしん坊ぶりに親近感がわきます!ハンバーガーがすごく美味しそう...

    どんどん毛糸が大きくなっていくのがかわいらしくて楽しくて、うっかりな熊さんも笑わせてくれます。そして熊さんのおうちがかわいい。

  • ぐりとぐらがリュックにたくさんのおべんとうをつめこんで、えんそくに出かけたら……というお話。
    たどりついたくまさんのお家に置いてあるものがいろいろかわいくて、細かく見ていると楽しい。「くまのプーさんのおりょうりのほん」とか「くまのとも」とか。
    おもわずにっこりしてしまいます。

  • ぐりとぐらが大きなリュックを背負って遠足へ行く。
    お昼の時間かなと思うけれど、体操としたり遊んだりしてもなかなかお昼にならない。
    そうしているうちに緑色の毛糸が落ちているのを発見。
    その先を辿っていくと、ほつれたセーターを着ているくまにたどり着いた。
    くまは気づいていなかったようだ。
    そうして3人でぐるとぐらのリュックの置いてあるところまで行くと、ちょうどお弁当の時間になったので、お弁当を食べるのだった。

    ぐりとぐらが両方とも男の子だったことにびっくり。
    赤い方は女の子だと思っていた~。

    くまさんもかわいい。

  • さすがぐりとぐら

  • 子どもだけでなく、大人もハマル絵本。
    絵本の中に出てくる大きなカステラが食べたくなってしまう!

  • お姉ちゃんが小さいときに買ってもらった本。
    春の暖かい風を感じるような気がします。

全116件中 1 - 10件を表示

なかがわりえこの作品

ぐりとぐらのえんそく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする