おふろやさん (こどものとも傑作集)

著者 :
  • 福音館書店
3.90
  • (38)
  • (25)
  • (40)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 315
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834009620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おふろやさんへ出かけたあっちゃん家族。あっちゃんとおとうさんは男湯へ、おかあさんとあかちゃんは女湯へ入ります。言葉のない絵本ですが、丁寧に描写されたお風呂場や脱衣所での様子にいたずらっ子たちの喧騒や、なごやかな雰囲気が伝わってきます。昔懐かしい銭湯でのひととき、大人から子どもまで楽しめる絵本です。4歳くらいから《おふろ》

  • かれこれ40年前、買ってもらってから未だに持っています。もうボロボロで紐で綴じてあります。私の子供たちも読みました。

    私は銭湯に入る経験はしたことありません、
    だから銭湯の様子が興味深かったのを覚えています。
    文章がないから想像や空想で読むたびに楽しんでいました。

    ボロボロの本は大切に置いておき、新しく購入しようかなぁ。
    子供の頃の気持ちにちょっと戻ってみたいな。

  • 4歳

  • 家族でお風呂屋さんに行く話。
    絵だけで文章はないが、いろいろ想像して話したり、書き込まれた絵から子どもがいろいろと発見するのがまた面白い。

  • むかしのえみたいで、むかしはこんなかんじだったんだなあとおもいました。

  • 「絵本であそぼ!」で紹介。

  • 一昔前の下町の銭湯の様子を描いた絵本。
    なんとなく懐かしいような気持になりました。

  • ザ!昭和 !! 神田川の世界。

  • ことばはなくともストーリーがひろがるなぁ

  • 3歳5ヵ月
    一度目は一緒に、
    あとは息子一人で
    ただだまってめくる本。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年高知県生まれ。セツ・モードセミナー卒業。絵本に『絵で見る日本の歴史』〈絵本にっぽん大賞〉『絵で読む広島の原爆』〈産経児童出版文化賞〉『やこうれっしゃ』『おふろやさん』『ことばあそび絵本 あからん』(いずれも福音館書店)『にちよういち』〈児童福祉文化賞〉『なきむしようちえん』(いずれも童心社)『じごくのラーメンや』〈けんぶち絵本の里大賞びばからす賞〉(教育画劇)など多数。

「2018年 『とろ とっと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村繁男の作品

おふろやさん (こどものとも傑作集)を本棚に登録しているひと

ツイートする