ぼくのロボット大旅行 (福音館の科学シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
4.14
  • (16)
  • (12)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 188
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834009699

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わくわくする絵本です。
    見せ方としては、漫画のようなコマ割も取り入れていて、本を読もうとしない低学年の子とかにもいいんじゃないかな?
    好奇心が刺激されるアングルなど、見どころ満載。
    お勧めです。

  • ロボットで世界中を自由に旅行します。
    見ていてとてもわくわくします。

  • 図書館本。漫画のようなコマ割り構成で、読み聞かせには不向きに感じました。私の力量不足もあると思いますが、息子たちにも不評で、とても面白い内容だっただけに残念でした。

  • どっかの都会の少年が、近所の「嫌いではない」女の子ミヨちゃんとともに、ロボットを建造!!して世界を雑に歩く。
     あとは、雑然と海底だか、アマゾンの密林だか、オーストラリアの平原だかが出てくる。
     若干の冒険もある。
     本の最後に、冒険で登場した絵に出てくる生き物の解説がある。
     あとロボの中身があってをっさんとしてはうれしい。

  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「冒険・ファンタジー」で紹介された本。

  • いろいろなジャングルや海底があっておもしろかっった。

  • ぱっと開いて「なんだマンガか、読みにくいな~」と思ったのだけど、絵が細かく描き込まれていて子供と一緒におしゃべりしながら絵の世界を楽しめた。子供がロボットを操縦して世界のアチコチに行ってしまうという設定も男の子にはワクワク。

  • 読み終わった。物心つく頃に。なので、面白いか面白くないかなんて客観的には言えない。肉の一部。

  • スミズミまでワクワク

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1944年新潟県長岡市生まれ。自然科学、生物のイラストレーター、絵本作家。日本各地、世界各地の自然を取材し、多くの科学絵本を描いている。『すばらしい世界の自然』(厚生省児童福祉文化賞)『熱帯探検図鑑』(絵本にっぽん賞)『ジャングル』(厚生省児童福祉文化賞/日本科学読物賞)『里山百年図鑑』(小学館児童出版文化賞)『震度7』(産経児童出版文化賞)のほか『だんごむし そらをとぶ』『よるになると』など多数。

「2022年 『少年時代 飛行機雲はるか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡達英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユリー・シュルヴ...
馬場 のぼる
トミー=アンゲラ...
くすのき しげの...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×