いってきまあす! (幼児絵本シリーズ)

  • 福音館書店
3.36
  • (10)
  • (19)
  • (38)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 571
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834009873

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • くまくんがお出かけする。
    絵が素晴らしい!
    くまくんが可愛らしいのはもちろん、背景や構図、切り取り方がピカイチ。

    文章は短く、単純なので、自分の足で歩けるようになったら、おさんぽの前にでも読みたい一冊。

  • 読み聞かせの時に、1歳くらいの子供にも分かる絵本を用意していない人が多いと聴いた。
    私も以前失念してしまったことがったので、今回はこの本を用意した。


    子供って、少し成長すると新しい世界が見えてきて、出かけたくなる。
    冒険は楽しいけど、塀から降りられなくなってさあ大変。

    こっそりつけてきたのか、偶然通りかかったのか、お父さん熊に助けられて、ああよかった。

    子供のワクワク感と親子の暖かさがうれしくなる本。
    春になるとお出かけしたがる子供たちと読みたい。

  • かわいい

  • よかった

  • 1才7ヶ月。図書館で借りた本。
    もうちょっと外で遊ばせてあげたほうがいいのかな。それともあまり好きになれないのかな?

  • 身近な生活の一場面を描いたくまくんシリーズは、 1-2歳さんにオススメです。ただのお散歩なのに、なんだか大冒険をしているかのようにワクワクしながらくまくんの動きに自分を重ねて読める本です。

  • 2y1m
    くまくんと同じことをする娘。お散歩の時も楽しく思い出しています。

  • ●読み聞かせ。
    ●ご近所でも冒険だね。

  • 柵を越えて、土山を越えて、ベンチを上を歩いて、塀に登って、お父さんに降ろしてもらって、横断歩道を渡る

  • くまのシリーズは好きみたい。これをよんでパパに優しくなりました。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

わたなべしげお 1928~2006。静岡県に生まれる。慶応義塾大学卒業。アメリカのウェスタンリザ―ブ大学大学院をおえ、ニューヨーク公共図書館児童部に勤務後、慶応義塾大学文学部図書館学科教授を経て、フリーとなりこどもの本の仕事に専念する。創作には、童話『もりのへなそうる』、絵本『とらっくとらっくとらっく』『くるまはいくつ』(以上、福音館害店)など。主な訳書には、評論『児童文学論』(岩波書店、共訳)、絵本『かもさんおとおり』『どろんこハリー』、童話『エルマーのぼうけん』 (以上、福音館書店)、『山の上の火』『小さな勇士のものがたり』(岩波書店)など多数ある。

「2022年 『クリスマスの うさぎさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わたなべしげおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック=カール
エリック カール
にしまき かやこ
A.トルストイ
モーリス・センダ...
三浦 太郎
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×