シンデレラ―ちいさいガラスのくつのはなし (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

制作 : マーシャ・ブラウン  まつの まさこ 
  • 福音館書店
3.40
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834010039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パステル調の可愛い絵が目について手に取る。ふんわりと優しい絵。
    ディズニーのシンデレラばかり観ていたので印象がちがうのもいいかな。
    「えー!なんでこんなに良い子なの?普通はあれだけイヤなことされたら少しはお返ししてやれって思うでしょ!」と読み聞かせたおばあちゃんが驚くほど「できた」シンデレラ。

    お父さんは生きてるけど義母の言いなり、お姉さんには「灰まみれのおしりっぺ」と呼ばれて笑われている。
    それでも気立ての良いシンデレラはせっせと働いている。
    品があるのかないのかよくわからない。
    でもこのシンデレラがM6はとても気に入ったようで一人で開いて眺めたり、少し読んだりしている。
    「だって好きだもん!」(M6)
    「え?王子さまもシンデレラって呼んでんの?これからもシンデレラって呼ばれんの?ひどくね?」(S9)

  • 『絵本論ー瀬田貞二子どもの本評論集ー』に出てきたので、借りた。

    シンデレラ(灰むすめ・シンダーシート・灰まみれのおしりっぺ)

    ああ、好き。
    『三びきのやぎのがらがらどん』で、大きいやぎのがらがらどんかっこいい!、という、どうしようもない恋心みたいなものを抱いたのが、最近のこと。
    こちらはまた、乙女なパステルカラーと、やわらかい線。
    マリー・ローランサンや立原えりかさんが好きな私には、たまらない。
    私のシンデレラはディズニー映画だったのだけれど、マーシャ・ブラウンのシンデレラに出あっていたかったな。
    人間らしさも描かれている作品だ。
    絵は反転されたんだろうな。

  • 出だしが最高♪

  • 正統派シンデレラ。原典?に忠実なのではないでしょうか。

  • 色合いがきれい☆

  • マーシャ・ブラウンの絵は品よくしゃれていてシンデレラにぴったり。

  • マーシャブラウン

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1918年アメリカ・ニューヨーク州ロチェスター生まれ。1954年『シンデレラ―ちいさいガラスのくつのはなし』(福音館書店)、1961年『もとはねずみ…』(童話館出版)、1983年『影ぼっこ』(ほるぷ出版)で3度のコールデコット賞を受賞。他に『三びきのやぎのがらがらどん』(福音館書店)、『ちいさなメリーゴーランド』(小舎)などがある。2015年没。


「2017年 『あおいジャッカル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーシャ・ブラウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユリー・シュルヴ...
なかがわ りえこ
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
A.トルストイ
山田 三郎
有効な右矢印 無効な右矢印

シンデレラ―ちいさいガラスのくつのはなし (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)に関連するまとめ

ツイートする